2007年08月15日

東京新聞社説「戦争を熱望する31歳フリーターの赤木智弘さん」

「平和は未来を奪う。希望は戦争」

☆終戦記念日に考える 極限からのメッセージ (東京新聞・社説)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2007081502041124.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo40/msg/642.html

赤木さんにとって戦争は社会の閉塞(へいそく)状態を打破し、流動性を生み出してくれるかもしれない可能性の一つです。さすがに「私を戦争に向かわせないでほしい」と踏みとどまっていますが、「希望は戦争」のスローガンには多くの若者たちの絶望が隠れています。

(略)

品川流の人間のための政治や経済からすれば、若者を「希望は戦争」との絶望に追い込み、大量の低賃金・不安定労働を生み出してしまった政治や経済は間違っているに決まっています。是正の取り組みに人間の努力が向けられなければならないはずです。新たな大きな課題です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

《40代ブルーカラー派遣社員(ボーナスなし)の超有名ブロガー「死ぬのはやつらだ」氏(カリスマ低所得者)が書きとめた赤城智弘氏関連記事》

☆国民全員が苦しむ平等 戦争を切に願う (2006年12月6日の「反米嫌日戦線」)

http://anarchist.seesaa.net/article/29070505.html

http://asyura.com/0610/senkyo28/msg/948.html

彼の気持ちは、よくわかる。俺も女衒商売でスッカラカンの奈落の底、去年から大手自動車関連の派遣労働者だからだ。

40代にはキツイ肉体労働、職場環境はアスベストの壁に囲まれているスバラシイもの。同じ仕事をやっているのに、ボーナスなし(正社員は230万もらってる)、昇給なしで、年収は正社員の6割どまり。しかも、正社員のやつらに限って仕事できないバカばかり。まったく納得いかないわ。

こうなると、「幸せな連中を不幸のどん底に巻き込みたい」って気持ちもわいてくるワナ。

本来なら、こういう連中を救ってくれるのが「労働者の味方」「無産階級の希望の星」であった「左翼」であったわけだが、労働組合は、経営側と闘えば「リストラ」されるとして自己保身の走狗と成り果てた……。

派遣労働者の待遇改善も一緒にやらねば、いずれは、正社員の工場労働者すべてが派遣になってしまうかもしれないのに……。

「教育基本法改正反対」「憲法改正反対」などといったって、それを阻止して、俺たちのギャラが高くなるわけもなく、所詮は、時間のある、裕福な人たちが運動していること。大多数の弱っている人間にとって、イデオロギーはどうでもよいこと。キレイ事いったって、世の中所詮はカネがすべて。

☆貧乏人のココロがわからない左翼 (2007年8月12日の「反米嫌日戦線」)

http://anarchist.seesaa.net/article/51179049.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo40/msg/501.html

雨宮 
もちろん、敵は分かっているのです。そこをひねって言っている。赤木さんに象徴される世代にとって今、生活自体が戦場なのです。平和なんてどこにあるの?「九条を守ろう」と言うけれど、今の社会を守ることで底辺の人たちの最悪の状況も維持されるのは耐えられない。そうした人たちの犠牲の上に、絶望を閉じ込めた上に立つ平和ってなに?ということです。戦争中のイラクに行った友人が言っていました。イラクで戦争は嫌だと実感して、帰国したら何人かの友人が自殺してしまっていた、日本とイラク、どっちが戦場なのかって。

(略)

女衒水商売で財産スッカラカン、自殺も考え、それでも生き恥を晒し、北海道から、知り合いのいない内地で肉体労働に従事している俺にすれば、赤木智弘くんの「希望は戦争」は、彼が親元で生活している限り「恵まれたバカ息子の戯言」にしかすぎない。

しかしだ、少なくとも、高みからの指導のような左翼よりは「同意」できるものである。

posted by はなゆー at 13:28| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でもね、現在の政界は2世3世流行と言うが、彼らの爺さんや父親に、元特攻隊員は居ないぞ?
大勲位は参謀本部付きで危険な目には遭わず、「女衒」こと、海軍に慰安所を設けた設営当事者だったぞ?
軽井沢や鎌倉に「疎開」した、優雅な特権階級の名簿を作ってみるのも、焼夷弾の下に居た者の子孫には興味ある事の1つ。
ま、不幸のスパイラルは、他人の血が流れる事が好きな敵さんの望む路線だけどね。
(数年後にはコッチェビが日本にもと目論まれ、昔は浮浪児と言ったものだったが…。)
Posted by 田仁 at 2007年08月17日 15:48
9条を外せば、今苦しんでる「最底辺の」人はもっと苦しむ訳。
戦争は弱いものから先に犠牲にしていく状況の最たるものだから。
だって、外そうとしてるのは、搾取してる側なんだよ。
その敵に金銭的に絞られるだけでなく、ボランティアでまで協力してあげるのこそ、「左翼は裕福」というフィクションだ。
自公に投票ほどの威力は無くとも、棄権で組織票を押し上げる程度の「協力」だ。
ま、公安に踏み込まれる危険を冒すより、そのほうが安全って算段か知れないけど、些か浅はかなのは否めない。
ホームレスを襲って数千円稼ぐのが犯罪な事はご承知の通りだが、有る所にはもっと有るんだよ?
日本の海外投資は大幅に増えて502億米ドル!
これは16年を隔てた(バブル前の)1990年の水準を超え、史上最高額を更新したもの。
これが左翼のせいでもなければ、最低賃金の縛りも無く医療保障も不安な外国人研修生の責任でもない事は、自明でしょうが…。
Posted by 田仁 at 2007年08月18日 16:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「貧すれば鈍す」
Excerpt: 8月15日のNHKの討論番組「考えてみませんか?憲法9条」は,TVの前を通るたびに少し見たり,隣の部屋からの音だけを聞いたりと,その程度の「視聴」者だったので,全体的な論評は出来ない.しかし,あるフ..
Weblog: ペガサス・ブログ版
Tracked: 2007-08-18 05:57