2007年08月16日

〔史料〕95年の「国会での不戦決議」に対する高市早苗氏の反応

沖縄育ちの老獪なブロガーである「やきとり」氏が高市早苗国務大臣(沖縄北方担当)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B8%82%E6%97%A9%E8%8B%97

について、あることを指摘した。

☆玉串料と花代 (謙遜と謙譲の音楽)

http://ch10670.kitaguni.tv/e410826.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo40/msg/699.html

今年は高市早苗さんが現役閣僚でただひとり靖国を参拝した。私費で玉串料を払い、「国務大臣 高市早苗」と記帳したのちにテレビの囲み取材にこたえていわく。

「ホントに一日本人として、大切な命を落とされた方への私の哀悼の意の表明でございます。こういったことを外交問題にしようとか、そういった勢力を利するようなことにはしたくないと思っております」

この人は戦後50年の節目となる1995年に衆議院本会議で議決された国会決議、いわゆる不戦決議

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%82%92%E6%95%99%E8%A8%93%E3%81%AB%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%B1%BA%E6%84%8F%E3%82%92%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B1%BA%E8%AD%B0

を受けて、こんなことを言っていた。

「私は戦争の当事者とはいえない世代だから、反省なんてしていないし、反省を求められるいわれもない」

戦後教育などロクに受けず、ヘビメタ聴きながら受験勉強ばかりやって育ったバカの人らしい発言である。「あたしは戦争なんて知らないし関係ないしい」と今風なギャルっぽいこと言ってたわりには、本日のコメントが妙に殊勝なのは気持ち悪い。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

衆議院会議録より

第132回国会 外務委員会 第9号
平成七年三月十六日(木曜日)

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/132/0110/13203160110009a.html

● 高市委員
 
国会決議の問題を国会議員以外の者が公式な場所で発言する、これは全然関係ないことだと言われたらそれまでですけれども、相手国にとっては、少なくとも相手国の国民にとっては、日本を代表する立場の人間だと思ってこれを聞くわけですから、要らぬ期待もされるわけでございます。

そういうことだったら、アメリカにおいて日本国政府を代表していると考えられる方がこういった種類の、自分の手の届かない種類のことについて発言するのを今後もう慎んでいただきたいと私は思います。

栗山大使の発言、また調べてからということなんですけれども、私、手元にございますのでもう少し紹介させていただきます。

憲法と反省の関係について言っておられることなんですが、「日本国民全体の反省があるから戦後の平和憲法に対する国民の熱心な支持がある。また、新憲法の下で政治的自由、民主主義体制の支持があるのも反省があるからこそ。日本国民は反省をきちんと持ち続けなければならない」と、日本国民全体の反省があると決めつけておられるのですけれども、少なくとも私自身は、当事者とは言えない世代ですから、反省なんかしておりませんし、反省を求められるいわれもないと思っております。

新聞社の世論調査では、謝罪すべきではないと答えた人が四七%、謝罪すべきだと答えた人が四三%でございまして、まさしく現在国論が謝罪ということについて真っ二つに割れている状態なんですが、このような状態のまま、国会での多数決で、わずかに多い方の意見を日本国民の総意として国際社会に示すことこそが民主主義への冒涜であり、また国民の代弁者たる国会議員の越権行為だと私は考えますので、私自身は、このような歴史の問題というのは国民一人一人の思想や価値観にもかかわることですし、国会決議にはなじまないだろうなと思っているわけですが、民主主義という言葉を記者会見で持ち出した粟山大使自身が民主主義を軽んじているんじゃないか、私は彼の発言を新聞記事で読んでそう思ったのですけれども、大臣自身はこの問題についてどうお考えでしょうか、御見解をお聞かせください。

● 河野国務大臣 

私は議員と全く見解を異にいたします。

● 高市委員 

どのように違うんでしょうか。

● 河野国務大臣 

過去の戦争について全く反省もしない、謝罪をする意味がないという議員の御発言には私は見解を異にすると申し上げました。

posted by はなゆー at 12:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 史料倉庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック