2007年08月16日

総務省は特定のパソコンをネットから強制切断できるようにする方針

総務省は、個人や企業のパソコンがウイルスに感染し他の利用者に悪影響を与えている場合にインターネットへの接続を一時停止することを認める方針だ。通信事業者と共同で指針を策定、事業者が接続を停止するか判断する。

☆ウイルス感染パソコン、ネット強制切断可能に・官民で指針 (日本経済新聞)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070816AT3S1401715082007.html

http://www.asyura2.com/07/it10/msg/154.html

総務省と日本インターネットプロバイダー協会など4団体が「大量通信等への対処と通信の秘密に関するガイドライン」をまとめ15日までに通信事業者に通知した。これを受け各事業者が社内規定などを改め、順次適用を始める見通し。

★与党や与党系宗教団体を激しく批判すると、なぜかパソコンが「ウイルス感染している」と判定されて、ネットから強制切断される、などというケースが発生しなければよいが(あくまでも杞憂)。



【メール便OK】「るるぶ」トラベルシリーズパスポートカバー
posted by はなゆー at 19:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック