2007年08月18日

安倍首相とコムスン折口雅博氏が握手する写真がウェブ魚拓から削除

☆安倍晋三氏の件でコムスンからウェブ魚拓に削除依頼が来ました (7月27日の「並河岳史ログ」。なお同氏はウェブ魚拓の運用を担当している人物である)

http://takeshinamikawa.blogspot.com/2007/07/blog-post_27.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo40/msg/794.html

介護サービス大手のコムスンは、不祥事が発覚するまでは同社ウェブサイト上に、安倍晋三氏(当時、官房長官)と折口雅博氏(親会社グッドウィル会長)が握手する写真が掲載されていました。

マスコミ会の重鎮の仲介で実現した会談で、どこかの料亭で行われたようです。

介護サービスのこれからのあり方、などについて両者が語っている内容です。

これは機密でもなんでもなく、同社が紙媒体で同社のサービス利用者に配っていたと思われる月刊の「コムスン通信」を、ウェブ上でも無料で公開していた記事でした。

この記事はコムスンの不祥事がメディアを賑わすようになった後で同社ウェブサイトから削除されたようですが、ウェブ魚拓に取っていた人がいたようです。

悪いことをしている内容ではないのですが、首脳会談ばりに握手している写真を見ると「関係が深いんだろうな」という印象は受けます。

本日、著作権の侵害を理由とする削除依頼が来て、削除の手続きを行いました。

安倍晋三氏は公人なのですが、それによって著作権や肖像権等を行使できないのは安倍晋三氏のみで、コムスンの権利はまた別にあります。

国民の知る権利などもまた正しいのですが、法的なそれぞれの権利はたいてい矛盾、というか衝突するものなので、完全クリアで皆が納得という結論に至ることは多くはありません。

今回はコムスン社の依頼が、ウェブ魚拓のサイト上であらかじめ公開していた削除基準を十分に満たすものであると考えられたため、削除の手続きを行いました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

安倍晋三氏と折口雅博氏が握手する写真は現在も

http://okayama925.blog107.fc2.com/blog-entry-4.html

などで見ることができる。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「ウェブ魚拓」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E9%AD%9A%E6%8B%93

の限界を感じさせる一件ではある。

posted by はなゆー at 08:18| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック