この記事へのコメント
テロ特措法による海上自衛隊のインド洋上派遣、指令要員が常に乗艦し、常時共同演習を行っている状態であることはわかっていました。
ガソリンスタンド業務より駆けつけ警護暴走の意図もある重大危険なのではないかと考えていましたが、安倍のインド訪問時の日印共同声明で、その本質がシーレーン防衛の実績作りにあると確信しました。
Posted by ゴンベイ at 2007年08月23日 08:23
十中八九、右翼利権派の巣窟であろう、リコールの会に対し、何処までスキャンダルをサクサク暴けるか!?に岩国平和派の命運が懸かっていよう。
高齢のヒト程、右翼は処罰されないと思い込んでおり、狙い目だ。
(実は、今はもうソンナ時代じゃない、つうか、国際社会の目もあるし。)
Posted by 田仁 at 2007年08月23日 15:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック