2007年08月24日

明後日放送の「サンデープロジェクト」に前原誠司・長島昭久両氏が出演

明後日放送のテレビ朝日「サンデープロジェクト」

http://www.tv-asahi.co.jp/sunpro/

に前原誠司・長島昭久両氏が出演する。

最近の両氏は「永田町のユダ」とか「平成の小早川(秀秋)」とか「歩くトロイの木馬」などの批判が集まっているのだが…。

      ↓

激論!自民・民主論客  参院選ショックから一ヶ月

自民・民主 どう組み立てる今後の戦略?

与党惨敗という真夏の参院選ショックから1カ月、27日の内閣改造を期に秋の政治の季節が始まる。

参議院の第1党となった小沢民主党は政権奪取を目指して攻勢を強め、安倍自民党は政権浮揚をかけて反撃を企てる。

ただ、政権闘争に明け暮れる前に、きちんと考えて欲しいのは参院選で示された民意をどう汲み取り、どう実行していくかだ。そして、選挙結果を受けて、方針転換するならきちんと国民に説明して欲しいと言う事だ。

そこで、今週のサンプロでは自民・民主の論客に敢えて聞く、「参院選をどう総括し、今後どうして行くのか」を。

国民の期待を裏切らない政党、国民の支持はそこに集まっていくのではないだろうか?

〈出演〉
船田元(自民党衆議院議員)
山本一太(自民党参院政審副会長)
前原誠司(民主党前代表)
長島昭久(民主党衆院議員)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

《おまけ》

前原民主党前代表のマスコミ登場急増の背景―従米派の反撃が始まった?! (8月6日の「森田実の言わねばならぬ」)

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C03564.HTML

http://www.asyura2.com/07/senkyo40/msg/131.html

「これから前原(前代表)のテレビ出演が増えます。新聞のインタビューも増えます。マスコミ(テレビ・新聞)が総がかりで前原を応援します。どうも“ある筋”からテレビ局と大新聞社に「前原の出演を増やせ」との圧力があったようです。この点は、もっと調査して確実なことがわかったら、お知らせします。

安倍復活戦略のポイントは、森田さんが指摘したように、テロ特措法の延長問題で民主党を分裂させ、前原グループを民主党から離党させて自公連立に加えるというシナリオのようです。すでに大がかりな動きが始まっています。日本政界だけではありません。国際的です。

第一段階が、前原民主党前代表を毎日のようにテレビに出演させ、テロ特措法延長反対を表明している小沢代表を批判させることです。さらに、民主党内の何人かの従米主義者も登場します。テレビが民主党の内部対立と分裂を煽り立てる――これが第一段階です。

同時に、前原らが民主党内で小沢執行部反対の分派を結成する。“米国との関係が悪化したら大変だ。日本は潰れる!”と大騒ぎするようです。前原らはもともとこの日のために民主党内に送り込まれた“草”のような勢力とみられています。御主人(アメリカ)への恩返しのためなら何でもやるでしょう。要注意ですね。

参院選後、テレビ、大新聞へのテコ入れが相当進んでいます。マスコミは、小泉郵政解散のときのように政府側に立って大フィーバーするおそれ大です。」

(略)

「マスコミが前原を大々的に応援し、前原のもとに民主党内の従米・タカ派を結集し、小沢体制に揺さぶりをかける。時期をみて全面戦争に持ち込み民主党を分裂させる。“テロ特措法延長、かけがえのない日米関係堅持”の大義名分で安倍自公連立政権と政策合意し、『自公前』連立政権をつくる。ここで衆院を解散するというシナリオが動き始めたようです」

posted by はなゆー at 20:48| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | TVネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テレビ朝日系列「サンデープロジェクト」 
  10:00〜11:45
  前原誠司前代表
  長島昭久政策調査会副会長


また、田原総一郎さんに乗せられて、反党的な発言を繰り返すのでしょうか。
我々民主支持者の努力も、水の泡ですな。

サンプロ公式HP
http://www.tv-asahi.co.jp/sunpro/

前原誠司公式HP
http://www.maehara21.com/
http://www.maehara21.com/chokkyu/index.html(前原ブログ)
長島昭久公式HP
http://www.nagashima21.net/
http://blog.goo.ne.jp/nagashima21/(長島ブログ)

※前原誠司と長島昭久への苦情は下記へどうぞ

民主党公式HP
http://www.dpj.or.jp/
ご意見はこちらへ…
http://www.dpj.or.jp/header/form/index.html

★ご意見例文

「民主党執行部の皆さん、お勤めご苦労様です。
ところでいつまで前原誠司と長島昭久の反党行為を放置するのですか?
テレビ朝日は明らかに放送法違反ですよ。
テレビ朝日の会長始め役員全員と田原総一郎の証人喚問を是非とも参院でやってください。」

Posted by mu at 2007年08月25日 12:00
そうまでして持ち上げる「米国との絆」ですが、その米国じゃ、此間落ちたハイウェイ・ブリッジのフォーリング・ダウン、結局「鳩の糞公害」だって。
アンモニアで鉄が溶けた!ってソコまで堆積を放置してたって事ですが。
(バッチイ。)
整備保守がなってなかった事、ウケアイ!
片思いの相手はソンナにまで零落れてるのに…。
何か、切ないねぇ。
Posted by 田仁 at 2007年08月25日 13:58
NKY(永田町の空気を読んでる)小池防衛相の留任辞退発言。

人事のドタバタ騒動後のパキスタン(22日)・インド(24日)訪問で、ムシャラフから海自のインド洋派遣継続支持表明を取り付け、インドと対中警戒の共同認識一致表明の取り付けとシーレーン防衛がらみの日米印ににオーストラリア、シンガポールを加えた5カ国による海上共同演習を9月上旬実施確認と、安倍のインド国会演説にも沿った方針に従ってきっちり仕事をした。
 # この間、安倍は22-23とインド滞在中であったが、小池と直接は会っていない。
そして24日にインドを離れる際の、イージス艦情報流出事件について自ら責任を取る考えを表明。その上で「テロ対策特別措置法についてもしっかりと延長を実現してもらえる人にバトンタッチしたい」発言。
ほぼ同じタイミングの24日夕、安倍はクアラルンプール市内のホテルで内外記者会見を行い、海上自衛隊がインド洋で給油活動を行うためのテロ対策特別措置法の延長について、民主党など野党の理解を得るよう努力する考えを強調。

機転が利く小池にしては相当不快感を露にしての留任辞退発言だったようで、強気一辺倒の小池の急変はどこかの筋からのきつい申し入れにシブシブしたがってのようです。

安倍と小池の言動を時系列で並べて考えると、テロ対策特別措置法の延長について、対民主党での何らかの工作と関連付けて考える必要があるかと思います。これまで私は否定的でしたが、衆参ねじれへの対応も視野に入れて、やはり前原一派の民主党脱党と前原の防衛相就任というウルトラCも飛び出すかもしれないですね。
 # 最近の政界の集合離散は政党交付金(年初認定>4月交付)と絡んでいます。年末までの、それも批判を浴びないようにできるだけ前倒しというパターンが定着しつつあります。
Posted by ゴンベイ at 2007年08月25日 14:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック