2007年09月04日

チェルノブイリ事故当時にスウェーデンで胎児だった人たちに悪影響

1986年のチェルノブイリ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80

事故の当時に、母親の胎内にいたスウェーデン人たちに悪影響がでている。

事故当時、妊娠8週間から25週までの胎児だった人に悪影響。

☆Chernobyl affected Swedish children, researchers say (8月24日の英国BBC)

http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/newsenglish/witn/2007/08/070827_sweden_chernobyl.shtml

Researchers are claiming that the Chernobyl nuclear accident of 1986 impaired the mental development of Swedish children that were in the womb at the time of the incident. The study analysed the academic results of more than half a million Swedish children.

《関連記事》

☆チェルノブイリは事故から21年経ってどのような姿になったのか (ギガジン)

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070426_chernobyl_visit/

事故の直後に送り込まれた、陸軍兵士やその他の労働者で構成された清掃スタッフ。非常に軽装に見えるが、これは現場の危険性について何ら説明を受けていないため。

posted by はなゆー at 08:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック