2007年09月05日

防衛省「自衛隊がイラク戦に参戦の米空母に間接給油するのは合法」

http://groups.yahoo.co.jp/group/nomorewar/messages/8257?threaded=1&expand=1

☆海自が燃料を間接補給 イラク戦争参加の空母が横須賀帰港 (2003年5月6日の共同通信)

イラク戦争に参加した米空母キティホーク(83、960トン)が6日午前9
時、事実上の母港の米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に帰港した。1月23日の出港以来、103日ぶり。

トーマス・パーカー艦長は、キティホークの機動部隊がイラク戦争中、海上自衛隊から間接的に洋上で約80万ガロンの燃料補給を受けたことを報道陣に明らかにした。

またベーカー駐日米大使は岸壁で「日本政府や海上自衛隊の支援に感謝している。今後のイラク復興で日本は、人道支援で貢献してほしい」と語った。

イラク戦争でキティホークは、ペルシャ湾北部を拠点に活動。艦載機が500−2000ポンド(227−907キロ)の爆弾や、子爆弾が飛び散るクラスター(集束)爆弾をイラクに投下した。

☆イラク戦の空母に間接給油 「テロ法の枠内」と防衛庁 (2003年5月8日の共同通信)

イラク戦争に参加した米空母キティホークの戦闘群に海上自衛隊が間接給油した問題で、キティホークがペルシャ湾入りする前の今年2月、アラビア海で海自から米補給艦を通じて給油を受けていたとみられることが8日、防衛庁の調査で分かった。

防衛庁は「キティホークは当時、対テロ作戦の任務を帯びていた。テロ対策特別措置法の給油対象として問題はない」と説明しているが、イラク戦争に直接参加した艦艇への支援は、集団的自衛権をめぐる憲法論議に波紋を広げそうだ。

防衛庁によると、今年2月25日、アラビア海北部で海自支援艦隊の補給艦「ときわ」が米補給艦に83万リットル分を給油。同じ日に、この補給艦がキティホークに303万リットル分を給油した。

米補給艦のタンクに貯蔵された海自の燃料がそのまま渡り、使用されたとみられる。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

《参考〜海上自衛隊によるインド洋での米艦への給油に関する3つのメモ》

「飛松武士の日記」による分析。

☆イラク戦争の頃、インド洋にいた自衛艦

http://himatsuno.seesaa.net/article/53949564.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/642.html

第8次
はるさめ 護衛 横須賀 2002.11.25ー2003.5.20 177日
ときわ 補給 横須賀 2002.11.25ー2003.5.20 177日
きりしま 護衛 横須賀 2002.12.16−2003.5.20 156日 約250 初めてのイージス艦派兵

となると疑惑を証明するには他の補給艦は無視していいわけで、”ときわ”とキティ・ホーク ( Kitty Hawk )をはじめとする第7艦隊との接触の痕跡を見つければいいわけだ。

☆怪しいのはRappahannock (T-AO 204)

http://himatsuno.seesaa.net/article/53952678.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/650.html

The replenishment ships USNS Rappahannock (T-AO 204),and USNS Flint (T-AE 32) provided logistics support.

☆2003年の新聞にみるイラク戦争参戦

http://himatsuno.seesaa.net/article/53959285.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/651.html

posted by はなゆー at 11:02| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やめ蚊先生のトコを見て頂けば判りますが、佐藤隊長の駆けつけ警護を虎視眈々と狙う態度は、カンボジア以来の「美しい伝統」で、やっぱり自民右翼の連綿たる「自衛隊の民意アン・コントロール化=関東軍化」志向に根ざしてる模様。
Posted by 田仁 at 2007年09月05日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック