2007年09月13日

在外日本大使館がネット発信した通信が第三者に傍受されていた

☆匿名化ツール『Tor』の落とし穴――大使館等の通信傍受に成功 (ワイアード・ニュース)

http://wiredvision.jp/news/200709/2007091323.html

Egerstad氏の研究プロジェクトの「被害者」には、オーストラリア、日本、イラン、インド、ロシアの大使館も含まれている。

http://wiredvision.jp/blog/fromwiredblogs/200709/20070913093919.php

「政府のために働き、機密情報を扱うような地位にある人なら、データを暗号化せずに送信することは無責任だ。彼らは職員の教育を実施し、暗号化技術を採用した仮想専用網(VPN)を利用することで、データのプライバシーを確保すべきだ」とNerad氏は語った。

★日本のマスメディアは報じていないニュースだが、たいへん重要なニュースである。早急な対策が必要。



【10月再販予約】アイズ 新世紀エヴァンゲリオン 1/4 綾波レイ バスタオル・水着ver
posted by はなゆー at 21:36| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本外務省に大した機密なんて物は無いんだけど、「秘密」がイタイですねぇ!
って、日本の外交方針なんて対米追従と決まってて、世界ではよく知られて予測も簡単だけど、外交郵袋で血税チョロマカしを外国勢に握られて、日本国民に知られたくないので国益を曲げちゃう、とか如何にも有りそう。
Posted by 田仁 at 2007年09月16日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック