この記事へのコメント
森派と小泉チルドレン派の実質的なオーナーであるキングメーカー・小泉が擁立する、表向きハト派顔しているが隠れ歴史修正主義者である【福田】【構造改革継続】内閣で、前原防衛相が実現したら、「自エンド」は阿鼻叫喚で埋め尽くされて「The END」?
Posted by ゴンベイ at 2007年09月14日 16:08
反戦な家づくり ブッシュが安倍に渡した引導は「拉致を忘れろ」では?
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-431.html

安倍は麻生に「自分には求心力がない」と言っていたそうですが、安倍にとっての党内求心力とは森派と小泉チルドレン派の実質的なオーナーである小泉の支持、これが得られないということでしょう。
小泉も当然ブッシュと同じ引導を安倍に渡したことでしょうね。
ラッチィー安倍の路線からの転換イメージを作るのに、福田ほどの適任者はいないでしょう。
Posted by ゴンベイ at 2007年09月14日 16:33
時事ドットコム:2007/09/14-14:28
ポスト安倍、福田氏が最適=テロ特措法は廃止を−米教授
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007091400579
 【ニューヨーク13日時事】米政治学界の代表的知日派であるコロンビア大学のジェラルド・カーティス教授は13日、ニューヨークで講演し、安倍晋三首相の後継には「福田康夫元官房長官が最も適任」との見方を明らかにした。
 同教授は講演で、米国は安倍首相の辞意表明で構造改革の行方を懸念していると述べ、「小泉純一郎前首相の下で官房長官を3年間務めた福田氏なら改革路線を継続するはずだ」と強調した。一方、麻生太郎自民党幹事長が首相になれば「バラマキ予算が復活する」と警戒感を示した。
 また、自民党が7月の参院選で大敗した理由として地方経済の疲弊を挙げ、「自民党が次期総選挙で勝利するためには地方の不満を和らげる必要がある」と指摘。誰が首相になっても財政再建は後退せざるを得ないと語った。ただ、「福田首相」であれば、「バラマキ」は最小限に抑えられると予想した。
 テロ対策特別措置法の延長問題に関しては、「米国が無理に延長を迫れば、次期政権が解散・総選挙に追い込まれ、民主党が政権に就く可能性がある」との見解を表明。米国は同法の期限切れを受け入れるべきだと訴えた。
Posted by ゴンベイ at 2007年09月15日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック