2007年09月17日

パキスタンで反ムシャラフの有力政治家兼宗教家が暗殺された

15日、パキスタンのペシャワル(Peshawar)で、有力宗教政党JUI(Jamiat Ulema-e-Islam)の最高幹部の1人で69歳のMaulana Hassan Jan氏が暗殺された。犯人はまだ捕まらず。

翌日、ペシャワルのスタジアムで葬儀が行われ、警察発表でおよそ5万人(つまり、おそらくはもっと人数が多そうだ)が参列した。参加者の中にはムシャラフ大統領やアメリカへの怒りを叫ぶ者もいた(注:暗殺の背後にムシャラフ大統領がいるのではないかと疑っている者がいることを示唆しているのだろう)。

Maulana Hassan Jan氏は元下院議員で地元の宗教系大学の校長をしていた。オマル師の友人と言われ、2001年9月11日の後は、米軍のアフガニスタン侵攻を避けるため、ビン・ラディンを追放するようにオマル師説得に向かったパキスタン人宗教学者グループの一員だった。

☆Pakistan buries pro-Taliban leader (アルジャジーラ)

http://english.aljazeera.net/NR/exeres/8FCEE5E2-6BC4-4147-820E-E212E9616338.htm

http://megalodon.jp/?url=http://english.aljazeera.net/NR/exeres/8FCEE5E2-6BC4-4147-820E-E212E9616338.htm&date=20070917143230

Maulana Hassan Jan was shot dead on Saturday evening by a group which opened fire on a car taking him to evening prayers in Peshawar, the capital of the North West Frontier Province.

Thousands of people poured into the stadium in Peshawar to attend the funeral prayers for Jan, 69, a senior leader of Jamiat Ulema-e-Islam - a religious party which controls the province's government.



越前塗 古代根来 そば椀
posted by はなゆー at 14:57| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「イラク開戦の動機は石油」ならば「アフガン侵攻の動機も石油と天然ガス(パイプライン敷設)」

時事ドットコム:2007/09/17-14:18
「イラク開戦の動機は石油」=前FRB議長、回顧録で暴露
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007091700185
 【ワシントン17日時事】18年間にわたって世界経済のかじ取りを担ったグリーンスパン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長(81)が17日刊行の回顧録で、2003年春の米軍によるイラク開戦の動機は石油利権だったと暴露し、ブッシュ政権を慌てさせている。
 米メディアによると、前議長は「イラク戦争はおおむね、石油をめぐるものだった。だが悲しいかな、この誰もが知っている事実を認めることは政治的に不都合なのだ」と断言している。
 ブッシュ政権は、当時のフセイン政権による大量破壊兵器計画阻止を大義名分に開戦に踏み切ったが、同兵器は存在しなかったことが後に判明。「石油資源確保が真の目的だった」とする見方は根強く語られてきた。
Posted by ゴンベイ at 2007年09月17日 15:38
女殺しよりはマシにしても、爺殺しもウケはよくないよ!つうか、正直、悪いよ!保守的なイスラム世界では。
余りに道徳規範に反しちゃって…。
神学校攻撃で子供殺しもそりゃあヤバイんだけど、またしても、ムシャラフに悪く働く要因が増えたと思う。
過激派云々より、生活ベースの規範がねぇ…、だって、一応国の最高権力者で、一番「強者の寛恕」とか示すべき、とイスラム的には。
基本的に指導者は「長者の雰囲気」って宗教だから。
コレはかなりキツイですよ…。
Posted by 田仁 at 2007年09月17日 22:12
変わるイスラム社会の女性観、変わらざるをえないイスラム社会の女性観

タリバンに親近感を抱くイスラム教徒が多いパキスタンはイスラム社会で初めて女性首相を戴いた国だったし、チャドルなどの民族衣装を着ていて見つかり難いからと自爆テロをさせておいて女性を家の中に閉じ込めておけるというわけにはいくまい。

要職に就くイスラムの女性たち - ビジネススタイル - nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/forbes/070907_women/
Posted by ゴンベイ at 2007年09月19日 01:11
ゴンベイさん、男女差別と社会的な「タブー性」はまた、深度が違う問題でしょ?
仮に女性を殺すと、その犯人が見下されるのは、正しい規範感覚じゃないですか?
男同士の喧嘩より卑怯って思うんでしょ?筋肉の付き方が違うんだから。
後、非力な子供や高齢者にも、その保護者的な規範感覚が働くからって、非難の対象にはならないでしょう?
平等にも、悪平等って事もありますのでね…。
Posted by 田仁 at 2007年09月19日 14:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック