この記事へのコメント
グアンタナモ収容所 アルジャジーラのカメラマンが250日間のハンガーストライキ 瀕死の状態

Democracy Now! | Headlines for September 13, 2007
http://www.democracynow.org/article.pl?sid=07/09/13/1444255

Doctors: Al-Jazeera Cameraman Close to Death at Gitmo
A Sudanese journalist jailed for more than five years at Guantanamo Bay is reportedly close to taking his own life. Sami al-Haj is two-hundred fifty days into a hunger strike protesting his imprisonment without charge or trial. Doctors who’ve examined him say it appears he’s given up his fight to live. Al-Haj was working as a cameraman for the Arabic TV network Al Jazeera when he was detained in a Pakistani town on the border with Afghanistan in December 2001. He was transferred to US custody and flown to Bagram Air Base. Six months later he was flown to Guantanamo Bay. He was been imprisoned there without charge ever since.
Posted by ゴンベイ at 2007年09月21日 01:44
アラブ人の考え方は中々に奥行きがあって面白いですね!何れにせよ、経営戦略以外に、国際社会的にも必要な事です。
当然、北はアルジャジーラの立場を計算に入れているでしょうが、だからといって北の意志通りに動く訳でもないでしょうよ、アルジャジーラは。
興味深い組み合わせですね?ドチラも余り好意的でない相手から「したたか」と形容されるから。
(私的には、折れ易くって言いなりになる相手より、その方が余程面白いと思うけど。)
Posted by 田仁 at 2007年09月21日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック