2007年09月28日

ミャンマー軍事政権(仏敵)の生命線はタイへの天然ガス輸出らしい 

☆ミャンマー軍政の生命線? タイへの天然ガス輸出 (タイ発ニュース速報サイト)

http://www.newsclip.be/news/2007927_015528.html

http://s02.megalodon.jp/2007-0928-1627-09/http://www.newsclip.be/news/2007927_015528.html

タイ商務省によると、2006年のタイのミャンマーからの輸入額は23.2億ドルで、天然ガス・原油が20.3億ドルを占めた。同年のミャンマーの輸出額(ミャンマー政府発表)は35.6億ドルで、タイ向けの天然ガス輸出はミャンマー軍事政権にとって最大の外貨獲得源となっている。

★ということは、机上の計算ではあるが、この資金流通ルートを閉めてしまえば、ミャンマー軍事政権(仏敵)が外貨を獲得しにくくなり、衰亡する公算が高くなる。



デンマークモビール はだかの王様
ラベル:ミャンマー タイ
posted by はなゆー at 16:36| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック