2007年10月04日

イラク武装勢力22派が薩長同盟式に大同団結組織を旗揚げ

イラクのレジスタンス22組織が、新たな連合体「The Jihad and Liberation.(聖戦と解放)」を結成した。

この新組織の長はIzzat al-Douri氏で、旧バース党幹部。

米軍などの外国軍の即時撤兵をウェブサイトに掲載されたおよそ30分の動画メッセージで訴えた。

☆Iraqi Insurgents Announce New Coalition (AP通信)

http://ap.google.com/article/ALeqM5gFa5HSY2EdxHT25-60FFZT3XPbEQD8S247080

http://s02.megalodon.jp/2007-1004-1928-26/http://ap.google.com/article/ALeqM5gFa5HSY2EdxHT25-60FFZT3XPbEQD8S247080

Nearly two dozen previously unknown Iraqi insurgent groups announced a new coalition to fight foreign occupation but it also set conditions for talks with the U.S. in a statement on a Web site affiliated with the country's deposed Baath party.



【旬のくだもの便】ぶどうアラカルト 岡山県産ぶどうよくばり4房セット!
posted by はなゆー at 19:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

国民よりも米国に燃料を供給したがる政府与党
Excerpt: <国会>代表質問で論戦本格化 首相、海自給油継続を強調(毎日新聞) 福田康夫首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が3日午後の衆院本会議で行われ、福田政権下での与野党論戦が本格化した。焦点の海上..
Weblog: 萌え萌え研究日誌
Tracked: 2007-10-05 08:57