2007年10月07日

【重要】海上自衛隊によるインド洋での給油に「利権」が派生している?

昨日(10月6日)放送の「パックインジャーナル」(視聴にはIEブラウザが必要らしい)

http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00064/v00134/

放送開始後13分40秒くらい(コマーシャル明け)からの指摘。

● 海上自衛隊によるインド洋上での洋上補給に使用されている燃料(日本国民の税金およそ200億円で購入)の「仕入れ」に関しての疑惑が浮上しそうだ。

● 海上自衛隊が給油する燃料(軽油)の仕入先は、バーレーンの国営精製所である。で、そのバーレーンの国営精製所はアメリカの大手石油会社「シェブロン」(かって、ライス国務長官がこの会社の役員を務めていた)と、かかわりが深い。

● 日本政府は、日本の大手商社2社を介して、「随意契約(売り手側の言い値でオイルを買う)」で軽油を調達しているようだ。



デルモンテ 無塩野菜ジュース900g×12本入り 42%off
posted by はなゆー at 13:23| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
● 日本政府は、日本の大手商社2社を介して、「随意契約(売り手側の言い値でオイルを買う)」で軽油を調達しているようだ。
国家答弁で既に明らか。

● 海上自衛隊が給油する燃料(軽油)の仕入先は、バーレーンの国営精製所である。
バーレーンで調達している可能性は大きいですが、まだ憶測の段階です。
政府答弁ではF-76と同等品とのことでF-76とはいってません。米軍で同等品としているのはNPD MGOか別称Bunker Aといわれる米国基準の2号燃料(No. 2 fuel oil)。これは湾岸諸国のほとんどの港で調達可能です。

こんなことはシロウトの私が既にネット検索で調査済み。週刊朝日の調査能力は大したことないですね(笑)
Posted by ゴンベイ@オルタナティブ道具箱 at 2007年10月07日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック