2007年10月12日

天木直人氏が米空母寄港を容認した新宮正志・室蘭市長を批判

☆ああ、日本が消えていく。戦争国家米国に従属させられて消滅していく
 (天木直人のブログ)

http://www.amakiblog.com/archives/2007/10/11/#000564

http://www.asyura2.com/07/senkyo42/msg/1106.html

帰りの朝、札幌駅で手にした11日付北海道新聞に、米海軍第七艦隊の原子力空母キティホークが今月26日―31日に室蘭港へ寄稿するという記事があった。住民の間に懸念の声があがっているという記事があった。

しかし室蘭市の新宮正志市長は北海道新聞の取材に対し、「断る理由はない」と述べ寄港を容認する考えを示したという。なんという市長だろうか。わかっているのかキティホークが大手を振って寄港すると言う事の意味を。新宮市当局は、キティホークが核搭載をしているかどうについて、外務省から「事前協議がない以上、搭載はないと判断する」との回答を受けたと話しているという。わかっているのか新宮市(原文ママ)は。外務省がこれまでにどれほど平気で真っ赤な嘘をついてきたかと言う事を。

《関連記事》

☆室蘭市、米空母の寄港容認 (北海道新聞)

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/54314.html





室蘭やきとり 【20本】☆ :【07p_グルメ】

posted by はなゆー at 06:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック