2007年10月13日

きっこの日記「百害あって一利なしの在日アメリカ軍」

☆百害あって一利なしの在日アメリカ軍 (きっこの日記)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20071012

おなじく去年の1月、横須賀に住んでた佐藤好重さん(当時56才)は、ただ道を歩いてただけで、突然、襲い掛かって来たアメリカ兵から、殴る蹴るの暴行を受けた。佐藤さんは、肋骨6本と鼻の骨を折られ、そのまま殺されてしまった。この鬼畜アメリカ兵は、空母「キティホーク」の乗組員、ウィリアム・オリバー・リース(21)で、イラク攻撃の激務を続けてたために、精神的に混乱してたそうだ。

《付記》

☆米空母入港で室蘭市が港長に岸壁使用許可回答へ (室蘭民報)

http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2007/10/12/20071012m_03.html

http://s03.megalodon.jp/2007-1013-0507-27/www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2007/10/12/20071012m_03.html

今月26日の米海軍空母「キティホーク」とミサイル駆逐艦「フィッツジェラルド」の室蘭港入港通報に対し、室蘭市はきょう12日、室蘭港長(室蘭海保部長)に岸壁の使用許可を回答する。

(略)

しかし、昨年2月の米艦入港時、米兵の殺人事件による市民不安を理由に初めて入港を拒否する姿勢を示したが、入港が敢行され「感情的な理由による入港拒否は受け入れられない」との見解が示された経緯がある。



【NEW!】YOGI ヨギティー コールドシーズン
posted by はなゆー at 05:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック