2007年10月13日

アフガニスタンで儲けるアグリビジネス系の米国企業

☆アフガニスタンのケシ (壊れる前に…)

http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_58d8.html

ラウンドアップの生産の最大手は、言わずと知れたモンサント社である。そして、モンサント社はラウンドアップに耐性のある遺伝子組み換え大豆も販売している。だれの懐にお金が落ちる仕組みになっているか、非常に分かりやすい構図がここにあるように思える。

☆ウィキペディア「モンサント」の項→

http://tinyurl.com/353qzq

近年では除草剤ラウンドアップとラウンドアップに耐性をもつ遺伝子組み換え作物をセットで開発、販売しており、欧州を中心に強引なシェア確保商法が問題となっている。

posted by はなゆー at 06:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック