2007年10月13日

「9・11」に類似した米国の自作自演テロ計画「ノースウッズ計画」

「自国の民間機に対する攻撃、米艦船の爆破、そして米在住テロリストの存在を吹聴しアンチ・テロ・キャンペーンを張る計画が、かつて計画されていた。実行寸前で拒否したのは、ケネディ。そして、ここでのビンラディンはカストロ、イスラムは共産主義。」

☆2001年文書公開されたアメリカの自作自演テロ計画・・・ノースウッズ計画 (Counter News)

http://counternews.blogtribe.org/entry-4e8a0f35a0f648bb2175abac0ee389eb.html

http://www.asyura2.com/07/war96/msg/677.html

計画は、キューバ難民を乗せた貨物船を(嘘でも実際でもどちらでも構わない)沈没させ、偽のキューバ空軍が民 間機を攻撃し、キューバ海域で米艦船を爆破し、「リメンバー・メイン号」の掛け声を作り上げ、そしてキューバの妨害活動を批判するというものである。

☆ケネディ暗殺と911テロを結ぶ「ノースウッズ作戦」 (ヒロさん日記)

http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1508744

http://www.asyura2.com/07/war96/msg/678.html

ジョン・F・ケネディ暗殺記録再調査会によって1997年11月18日に公開されたその作戦は

*「キューバにラジオの地下(秘密の)放送局がある」という噂を立てる

*“友好的な”キューバ人(カストロ排除を望む、アメリカに亡命したキューバ人)を米軍基地内に入れてテロ攻撃を演じさせる

*基地の門前で暴動を起こす

*基地内で弾薬を爆発させ、火事を起こす

*基地内の戦闘機や艦船の行動を妨害する

*米軍の船を沈ませ、葬式を偽装する
(この案は元々「軍人を乗せたまま沈める」という案だった。つまり自軍の兵士を見殺しにする予定だったのです)

*マイアミとワシントンD.C.で「テロがあるぞ!」と騒ぐ

*実際は政府職員が乗っているが、それを「休暇旅行中の大学生が乗った民間飛行機」と称して飛ばし、フロリダの南で無人飛行機(drone aircraft)とすり替え、無人の方をキューバ上空でリモコンを使って爆破させる。爆破直前に「緊急事態発生(mayday)」の信号を出させてから。

posted by はなゆー at 14:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック