2007年10月20日

パックイン・ジャーナル「福田内閣は消費税増税に向かう」

※ 視聴にはIEブラウザが必要らしい。

http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00064/v00134/v0013400000000403239/

国会で年金論戦がスタートしたが…… ミスター年金の長妻議員に聞く! (10月20日放送)

民主党の長妻議員が9日の衆院予算委員会で舛添厚労相と初対決! 

舛添氏の安全運転路線に長妻氏は「大臣になった途端にお役所答弁」 と記者団に語った。

福田政権の年金問題に対する本気度は!?

ミスター年金の長妻議員に聞く!

http://asahi-newstar.com/program/packin/

10/20(土)のテーマは・・・
給油新法で解散あるか・・・ほか

〈コメンテーター〉

田岡俊次(朝日ニュースターコメンテーター)
田畑光永(ジャーナリスト)
川村晃司(テレビ朝日コメンテーター)
荻原博子(経済ジャーナリスト)
横尾和博(社会評論家)

※コーナーゲスト

長妻昭(衆議院議員)

〈テーマ〉

(1)給油新法で解散あるか

政府は17日の臨時閣議で、海上自衛隊によるインド洋での給油活動を継続するための「補給支援特措法案」を決定し、国会に提出しました。11月1日に期限が切れる現行のテロ対策特措法に代わる1年間の時限立法で、補給対象をテロ対策にあたる「海上阻止活動」の参加艦船に限り、テロ特措法にあった自衛隊の活動に対する国会承認条項は削除されました。

(2)与党案 政治資金は1団体のみチェックで

自民、公明両党は12日、国会内で「政治資金の透明化に資するプロジェクトチーム」を開き、「すべての支出について領収書を公開」で合意しました。これまで自民党は、個人や企業・団体からの政治献金の支出について「1円以上の一定額」という表現にとどめていましたが、全面公開を主張する公明党に歩み寄った形です。ただし、付帯条件もあり、今後の論議によっては、実質上、全面公開とならない可能性もあります。また公開は政治資金管理団体だけで議論を呼びそうです。

(3)長妻議員から年金国会の話を聞く

民主党の長妻昭氏が9日の衆院予算委員会で、舛添厚生労働相と初対決しました。長妻氏に対し、福田政権の看板閣僚である舛添氏は答弁を重ねましたが、内容は「安全運転」路線で、長妻氏は委員会後、「大臣になった途端に普通の大臣になったな、と。お役所の答弁で、もう少し枠をはみ出して欲しかった」と記者団に語りました。国民注目の年金問題、今後はどうなるのでしょうか。

(4)福田内閣消費税増税に向かう

消費税率引き上げが、福田政権最大の政策課題に浮上しました。内閣府は17日の経済財政諮問会議で、現在の医療・介護給付の水準を維持するためには2025年度に約14兆〜31兆円分の増税が必要となり、消費税でまかなうなら11〜17%まで税率を引き上げる必要がある、との試算を公表しました。町村官房長官や与謝野馨・自民党税制調査会小委員長も消費税率見直しに意欲を示しており、政権として、社会保障の維持とセットの形で、この問題に取り組む姿勢が鮮明になりました。参院選後の動き、税の面からも与野党対立が動き出しました。

(5)中国共産党大会を見る

中国共産党の第17回全国代表大会が、15日北京で開幕しました。党大会は5年に1回開かれ、胡錦涛総書記は、貧富の格差拡大や環境汚染などを生んだ経済成長市場主義から脱却し、持続可能な発展路線を掲げました。「資源の節約や環境の保護」、「一人あたりのGDP4倍」などが「政治報告」の骨子となっています。今後の中国はどうなるのでしょうか。



クリスマスツリーライトハウス (73029MR416)
posted by はなゆー at 21:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TVネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック