2007年10月22日

ポーランド外交が親米路線を修正し、年明けにもイラクから撤兵か

ポーランドでは、先日の国政選挙で勝利した中道右派政党の「市民プラットフォーム(Civic Platform)」が、イラクからのポーランド軍撤兵を主張。

また、「市民プラットフォーム」は、米国のミサイル防衛システムのポーランド配備に対しても、米国からの十分な経済的見返りが不可欠であり、そうでなければ受け入れることはできない、と言明している。

☆Polish vote winners to seek 2008 Iraq pullout (ロイター通信)

http://www.reuters.com/article/gc07/idUSL2138697120071021



Poland's centre-right Civic Platform, poised to form the next government after winning Sunday's parliamentary election, will seek to pull Polish troops from Iraq early in 2008, a top party official said.


posted by はなゆー at 16:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック