2007年10月25日

イラク現政権が親米から「親露」に鞍替えする可能性が出てきたようだ

ロシアがイラクの要地アルビル(Irbil)とバスラ(Basra)に領事館を開く。

イラクから英米が撤退した場合、「イラク利権」を手中にするのは、老獪で強靭な外交能力を誇るロシアかもしれない。

ロシアの「体力温存策」がここにきて実を結び始めたようにも思われる。

☆Russia to open consulates in Iraqi cities of Irbil, Basra (クウェート通信)

http://urltea.com/1vjg



Russia will open consulates in Irbil in Iraq's northern region of Kurdistan and the southern city of Basra, the Russian Ambassador to Iraq Vladimir Jamov said.



山本漢方の100%めぐすりの木茶 3g*10袋
posted by はなゆー at 11:18| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック