2007年10月25日

北海道新聞・電子版が「ウェブ魚拓」を拒否する設定に切り替えたようだ

この動きは今後、他の新聞社にも広まることが予想される。

新聞(電子版)の「魚拓」がとれないということになれば、「ウェブ魚拓」のビジネスモデルにも相当のダメージを与えることが予想される。

☆はてなブックマーク「ウェブ魚拓」の項→

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://megalodon.jp/

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/10/02/17051.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://kosstyle.blog16.fc2.com/blog-entry-570.html

☆はてなブックマーク「中日新聞社からウェブ魚拓への削除依頼」の項→

http://b.hatena.ne.jp/entry/5735895

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.tanteifile.com/newswatch/2007/09/12_01/index.html



北海道大地のお風呂石けん 北見・ハッカ(ハッカの香り)


posted by はなゆー at 15:29| ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
興味深く拝見しました。

ただ、まぁこれは予測していたことです。道新オーロラネットの頃より、この新聞社の著作権行使についての警戒心は感じておりました。北海道新聞らしい方針ですよね。とは言うものの「北海道警ウラ金問題」で名を馳せ、その記事群を大量に保存・公開している会社にしてはちょっとそれなぁに、と言いたいな。BBC とか NYTimes の爪の垢を煎じて呑んでいただきたいと切に申し上げたいところです。まぁ、でもインターネット人口激増のおり、経営が苦しくなってきているかとお察しいたしますが、そういった情勢下で情報産業としての大胆な転換が望まれます。地元紙として絶大な影響力の実績を持つ会社だけに、方針転換をしていただきたい、と心より思っております。

BBC と NYTimes という両巨頭のコンテンツ永続公開で流れは変わっていくのではないかと楽観視しております。ウェブ魚拓はそれまでの単なるつなぎなのでしょう。コンテンツが削除されることがなければ、魚拓は何の意味もなくなるわけですよね。

したがって「他の新聞社にも広まる」可能性も大いに考えられますが、それは短期的なものであって、巨視的に見れば、それほどの危機感を持つことではないと考えているところです。
Posted by Devlin at 2007年10月25日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

コメントの字数オーバーだったので、⇒「suyapさん、こんにちは。僕がSIMANTO氏の文章で一番ビックリしたのは、」
Excerpt:  以下、suyapさんの「対米従属でっちあげ(冤罪)天国」につけようとしたコメントです。 ※字数オーバーでエラー∴自エントリーで、。 suyapさん、こんにちは。 僕がSIMANTO氏の文章で一番ビッ..
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2007-10-25 17:46