2007年10月27日

両陛下ご訪問の福岡で県警が「通りに面した窓をすべて閉めるように」 

天皇、皇后両陛下が29日から3日間、福岡市を訪問されるのを前に、両陛下の車列が連日通る市中心部のビルやマンションに、福岡県警が「両陛下通過時は、通りに面した窓をすべて閉めるように」と要請。

☆天皇陛下訪問の福岡、窓開け歓迎「厳禁」 (日刊スポーツ)

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20071026-274973.html



署員は「もし当日開いている窓があれば、注意するため警察官が建物内に入ることもある」と話したという。

★海外のメディアでは「当代の日本国皇帝(天皇)であるEmperor Akihitoは、日本国民を臣下としては見ておらず、良き友人として見ておられる」などと報じることがあるが、日本ではそのような報道はまったくなされない。
posted by はなゆー at 02:04| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歓迎の彩り鮮やかな紙テープ・紙ふぶきは禁止というわけ?
Posted by Devlin at 2007年10月27日 05:08
歓迎の彩り鮮やかな紙テープ・紙ふぶきは禁止というわけ?
Posted by Devlin at 2007年10月27日 05:08
警備の関係か?!
しかし、雨戸も全部閉めろって、江戸時代の参勤交代じゃ、街道に面した家は命令されていた。
確か和宮降嫁の時とかも。
何か、段々時代が逆走します…。
Posted by 田仁 at 2007年10月27日 13:11
 警備上の問題だけじゃない気もする
 一般人が皇族を物理的に見下ろすこと自体許せないのでは。(もちろん、その様子も見せたくない。『見下ろしても良いんだ』と気付かせたくない)
 ここ10〜30年くらいの間に、彼らに対するマスコミや政府の対応が結構変わってきているように思う。つまり、むやみに『奉る』。50〜60年代には、新聞で『最高敬語』をむやみに使うことには葛藤があったようだし、『天ちゃん』『ナルちゃん』『さあや』『火星ちゃん』なんて呼んでいたようだ。
 またぞろ、『俺の言葉は、陛下の言葉、逆らうのは、不忠、不敬の非国民だ!』と言いたいのでしょう。この記事を見たら、『強制は...』とまた嫌あな顔をしそうです。
Posted by L at 2007年10月28日 17:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック