2007年10月28日

フランス大統領がイスラエル情報機関で勤務していたとの流言広がる

フランスのサルコジ大統領(母方はギリシア系ユダヤ人である)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%B8

が、イスラエル情報機関「モサド」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%B5%E3%83%89

で勤務していたとの真偽不明の流言が広がっている。

フランスの保守系高級紙「フィガロ」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AC%E3%83%AD_(%E6%96%B0%E8%81%9E)

の元記事(仏文)は

               ↓

http://www.lefigaro.fr/france/20071012.FIG000000291_les_etranges_accusations_d_un_cybercorbeau.html



その「フィガロ」の仏文記事の要旨を報じた、イラン国営放送の英文記事は

                  ↓

Sarkozy, Mossad's spy - Le Figaro

http://www.iribnews.ir/Full_en.asp?news_id=245671&n=35



French judiciary police is investigating documents on the French President Nicolas Sarkozy's spy activities for the Zionist regime's Spy Agency, Mossad, Le Figaro daily reported.

Le Figaro in an article titled "Mossad's infilteration into the public movement union (the French ruling party)" worte that the police is studying an electronic letter sent to 100 members of high ranking French police officials about Sarkozy's espionage for Mossad.

posted by はなゆー at 10:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック