2007年11月02日

防衛利権:「日本ミライズ」と米軍再編事業

☆米軍グアム移転の7000億円プロジェクト (日刊ゲンダイ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000008-gen-ent

http://www.asyura2.com/07/senkyo43/msg/847.html

日刊ゲンダイ本紙は、日本ミライズが今年初めに作成した在日米軍再編プロジェクトの事業計画書を入手した。

その中で注目すべきは、同社が米国の「オーシャン・ディベロップメント社」と業務委託契約を締結し、在日米軍再編、グアム行政事業、パラオ行政事業の企業選定・コンサルタント業務を行うと記した部分。

★突如「パラオ共和国」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AA

の名が出てきたが…?



【代引手数料無料・5本以上で送料無料】ヱヴァンゲリヲン 2008カレンダー(予約)11月9日発売予定
posted by はなゆー at 11:47| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パラオ、逮捕される前ホリエモンが吉川ひなのを連れて遊びに行ってましたね。
経済事件で時々でてくる国なんですよ。
開発利権がどうとかこうとかっつて。
http://d.hatena.ne.jp/nessko/20060207/p2

Posted by nessko at 2007年11月02日 13:26
一種のタックス・ヘイブンで「投資について最も有利な点は、パラオ共和国がアジア太平洋地域において事業を行なうのにもっとも有利な税制をとっている国の一つであるということで、法人税はなく、経営者の所得に対しても非課税である。パラオは米国との自由連合協定の受益国で、米国市場への進出は自由である。」と太平洋諸島センターは言ってます。
http://www.pic.or.jp/investment/palau.htm
Posted by 田仁 at 2007年11月03日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック