2007年11月15日

〔メモ〕インド洋における海上自衛隊などのアフガン海上作戦の「成果」

軍事情報誌「軍事研究」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6

12月号にアフガン海上作戦の「成果」が掲載されている。

それによれば、大麻と武器が押収されている。

▼ 押収した武器 ▼

04.4.2
 小銃1 携帯対戦者ロケット各1

04.5.7
 小銃535 弾倉1239 弾薬12000
 携帯対戦者ロケット7 14.5ミリ機関銃2 弾薬84

11カ国の軍艦が取り締まりをして、成果はこれだけ。1千万丁の銃が出回っているとされるアフガニスタンの実情からすれば、焼け石に水。しかもタリバン向け武器だったのか、麻薬マフィア向けの武器だったのかは不明。

しかも2004年以後は一件の「成果」もない。 

これは海上自衛隊だけの「成果」ではなく、参加している各国の海軍全体でこれだけの「成果」である。

当初はアメリカ海軍だけで60隻を投入したものの、こなすべき仕事そのものがないためか、現在では全体で16隻しか残っていない。これでは海上自衛隊がどうしても請け負わざるをえない任務があるようには思えない。

▼ 押収した大麻など ▼

03.12.15
大麻1000万ドル相当押収。乗組員12人拘束。

03.12.20
ヘロイン、覚醒剤押収。

04.1.1
大麻1100万ドル相当押収。

05.3.6
大麻2300万ドル相当押収。

05.5.20
大麻1600万ドル相当押収。

05.6.4
大麻2.1トン押収。

以上、6年間で約12トンの押収。

この地域で現在生産されている大麻

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%BA%BB

の量は、年間7000トンぐらいと推測されているので、こちらも焼け石に水。

しかも「ソフトドラッグ」である大麻はオランダなどでは事実上合法

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%81%AE%E8%96%AC%E7%89%A9%E6%94%BF%E7%AD%96

の品である。

posted by はなゆー at 18:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック