2007年11月23日

米軍再編交付金45億円のうち横須賀市に5.8億円が配分される

在日米軍再編への協力度に応じて支払う再編交付金。来年八月に原子力空母ジョージ・ワシントンが配備される横須賀基地がある神奈川県横須賀市が最も多い五億八千四百万円。 

☆米軍再編交付金45億円 防衛省が配分内定 横須賀市に5.8億円 (東京新聞)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2007112302066679.html

再編計画に反対している神奈川県座間市、山口県岩国市、沖縄県名護市などは対象外となっている。

★横須賀市といえば、小泉純一郎元首相の地元であるが…。


posted by はなゆー at 13:30| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>横須賀市といえば、小泉純一郎元首相の地元であるが…。
5.8億が、まさかの時の市民の命代として、安いんでしょうか高いんでしょうか?
人命が地球より重いとか言う割に、その、地元の土下座宰相就任以降、随分と年間自殺者3万人越えとかって10年近いですが。
Posted by 田仁 at 2007年11月23日 20:42
一方で、冷や飯を食わされてる岩国には、こんな募金活動も起こってます。
岩国市新庁舎建設を勝手に支援する会(情報流通促進計画)
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/1024e23b6593bae40d90381a6048177b
Posted by 田仁 at 2007年11月24日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック