2007年11月24日

日本が戦争することを熱望するフリーター赤木智弘氏へのインタビュー

「自分が上がれないのなら、周りを下げるしか平等への道はない」

☆中島岳志的アジア対談:フリーター、「左派」or戦争−−赤木智弘さん (毎日新聞)

http://mainichi.jp/enta/art/news/20071122dde014070009000c.html

http://s03.megalodon.jp/2007-1124-0839-49/mainichi.jp/enta/art/news/20071122dde014070009000c.html

コンビニバイトが努力しても店長や本部社員にはなれない。努力が結果に結びつかない層が、家族持ちの生活を安定させている側面がある。



posted by はなゆー at 08:43| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今も現実に、「ブッシュの戦争」投機筋が穀物とか原油高騰を煽って、物価高で庶民は泣くけど、「ブッシュの戦争」投機筋は稼いでるでしょ。
「ブッシュの戦争」に反対した、正真正銘の左派とか左翼とか呼ばれる人達は、当然このタイプの物価高も当初から予測して反対してましたよ。
「戦争で社会が流動化」なんて右翼の甘ちゃんの理屈であって、本当の戦争がどんなものか、先の大戦の総括も済んでないって意味しか無い!!
「周りを下げる」平等って、本当に一握りの富裕層にとっては実に都合のイイ、一番待ち望んでいる「搾取の究極型」であって、笑っちゃいます。
何が悲しゅうて、「ブッシュの戦争」投機筋とか靖国原理主義者とか、戦争を引き起こそうとする敵を喜ばせる為に、庶民の命とか生活とか、全部捧げにゃならんの?!
自虐の極みにも程がある!!!と考えるのが、正しい庶民の生存本能であって、経団連の為に1割の正社員と9割の非正規雇用に向け、言論活動する事は間違ってます。
くどいようですが、戦争と庶民虐めは、ありとあらゆる古今東西の社会において、常にセットですからね(こんな事も知らん奴は左翼じゃない)。
こんな常識も無い奴が丸山を引っ叩いて如何すんねん?と正直思います(丸山は多分、私よりかは優しいか知れんが)。
Posted by 田仁 at 2007年11月24日 14:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。