2007年11月27日

英国カンタベリー大主教が米国を「巨悪」と呼び、強く批判

「US is 'worst' imperialist: archbishop」

http://timesonline.co.uk/tol/comment/faith/article2937068.ece

http://s04.megalodon.jp/2007-1127-0727-28/timesonline.co.uk/tol/comment/faith/article2937068.ece

―英国国教会の最高指導者 Rowan Williams カンタベリー大主教(The Lord Archbishop of Canterbury。英国における人臣としては宮中席次第1位である)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%A4%A7%E4%B8%BB%E6%95%99

がムスリムのための雑誌 Emel のインタビューに応えたことを報じる英タイムズ紙の記事。

☆カンタベリー大主教の語るイラク、現代文明 (壊れる前に…)

http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_d7f5.html

ウィリアムズ大主教は、現在のアメリカが往時の大英帝国をも凌ぐ巨悪となっていると語っている。特にイラク戦争については手厳しく、少なくとも大英帝国は資本を投下して統治するつもりで侵略していったが、アメリカは、後でだれかがなんとかしてくれるさと軽く考えて破壊を行なったと断じている。



posted by はなゆー at 07:42| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本ではなじまないのかあまり報道されない動きに「エキュメニカル運動」がありますね。もともとはカソリックやプロテスタント・ギリシャ正教などの「内部対話」だったものが他宗教との対話運動に発展していると理解して注目しています。あ、もちろんここに日本国内で宗教の着ぐるみをかぶっている諸営利団体は断じて加われないわけですが。
Posted by まつだ at 2008年03月09日 14:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック