2007年11月27日

財務大臣の諮問機関が医療や社会保障の大削減を提言した

財務大臣の諮問機関である財政制度等審議会は、2008年度予算編成に関する建議(意見書)をまとめた。「歳出圧力の高まっている社会保障、地方財政を始めとして最大限の削減を行うべき」と主張。特に医療を中心に削減するよう主張。

☆医療中心に歳出削減 財政審、08年度予算建議 介護は自己負担率見直しも (福祉新聞)

http://www.fukushishimbun.co.jp/news/071126/01.html

http://www.asyura2.com/07/iryo01/msg/128.html

《おまけ》

☆「増税してくれというまで削れ」首相、諮問会議で発言 (2006年6月27日の「朝日新聞」)

http://tinyurl.com/2536ot

小泉首相が22日の経済財政諮問会議で「歳出をどんどん切り詰めていけば『やめてほしい』という声が出てくる。増税してもいいから必要な施策をやってくれ、という状況になるまで、歳出を徹底的にカットしないといけない」と発言していたことがわかった。



陳建一 四川名菜【444】
posted by はなゆー at 11:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック