2007年12月07日

室蘭市と伊達市が低所得者への暖房費助成(福祉灯油)を検討

室蘭と伊達の両市は、灯油価格の高騰が生活弱者に影響を及ぼすとして、低所得者に灯油購入費の一部を助成する「福祉灯油」実施に向けて検討を始めた。

☆低所得者への福祉灯油、室蘭と伊達市も検討 (室蘭民報)

http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2007/12/07/20071207m_01.html





今人気の北海道お土産!鉄の街の人気者!ボルタ #73 (ゲートボール)
posted by はなゆー at 13:31| ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民主、揮発油税の税率下げ法案提出へ
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20071210AT3S0900B10122007.html

 民主党はガソリンにかかる揮発油税の半分を占める暫定税率分を来年1月から撤廃する法案を今国会にも提出する方向で検討に入った。暫定税率は3月末で期限が切れるが、原油高騰に対処するため、撤廃前倒しを主張する。政府・与党は暫定税率を向こう10年間継続する方針のため、法案は成立しない見通しだが、揮発油税を主とする道路財源のあり方とも絡み、与野党論戦が盛り上がりそうだ。

 法案提出の検討は直嶋正行政調会長らが9日、明らかにした。揮発油税は税法の本則では1リットル24.3円だが、道路財源捻出(ねんしゅつ)のため、租税特別措置により2倍の税率がかかっている。

 民主党は暫定税率撤廃に加え、将来は揮発油税を地球温暖化対策の環境税に振り替える案を検討中。月内にまとめる2008年度税制改正大綱に明記する考えだ。
Posted by ゴンベイ at 2007年12月10日 12:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お待たせ、これが東京新聞「蜜月の終焉」シリーズ中Webに出ていない記事、守屋前次官の「米への対抗心持ち続け」その他。
Excerpt:  Web版に出ていない「蜜月の終焉」シリーズ2、3、7、8です。 関連投稿「守屋関連、東京新聞(紙)に出てるけど、Webになくて中日新聞にあったりとか、蜜月シリーズでWebで抜けてるのがあったりとか。..
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2007-12-08 01:43

随分静かだね。大丈夫なのかね。ネット利用とか、他にもっとやるべき事が⇒国政選挙にも電子投票 自公民合意、今国会で法改正へ
Excerpt:  ハンディのない、金のかからない、知恵で勝負の選挙運動へのネット利用とか、他にもっとやるべき事があるような気がするのだが、。  日米だけの指紋採取入国システムとか、新テロ特措法(無料ガソリンスタンド法..
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2007-12-08 01:43