2008年01月02日

溶解する福島の救急医療体制に関する「二階堂ドットコム」の記事

☆電気事業連合会からの広告を求めます 笑 (二階堂ドットコム)

http://www.nikaidou.com/2008/01/post_855.html

この表彰以降、福島では急患を受け入れる病院はありません

《備考》

☆事故救急搬送、4病院が8度拒否/福島 (2007年11月14日の福島放送) 

http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=2007111411

http://s02.megalodon.jp/2007-1114-1628-21/www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=2007111411

福島市仁井田の県道で11日に起きた交通事故で、亡くなった無職菊田ミツ子さん(79)=同市仁井田字谷地南=を救急車が救急搬送した際、市内の病院で受け入れ先が決まらず、本格的な治療が約1時間も受けられなかったことが13日、分かった。

(略)

男性が病院に到着した時、菊田さんには意識があり「苦しい。先生、助けてください」と訴えていたという。

《東京電力に関する「広瀬隆」氏の言及》

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070719#1184777293

それは女性監禁事件が発生した新潟県柏崎市には、偶然にも世界最大の原発基地があり、東京電力会長の那須翔が公安委員として地元警察を背後で動かし、原発反対の市民運動つぶしに暗躍してきた最大の黒幕だという闇の関係である。新聞は「公安委員会は警察の事情を知らない素人集団だ」と書いたが、こうした記者こそ事情を知らない素人であった。偶発的に出会った監禁事件と警察不祥事にうろたえた公安委員の那須らが、一心同体である身内の腐敗警察を保護する役割を果たした、というのが真相である。

《東京電力に関する鬼才「カマヤン」氏のメモランダム》

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060430#1146379685

なぜ、蓮池兄の活動費は、東京電力から出ているのか? 

(略)

「家族会」の蓮池透は東京電力の関連会社「動燃」の職員で、プルサーマル計画にも関係している。蓮池透の「家族会」活動のスポンサーは、東京電力だ。



ゆうゆ/87−89 ほくらのベスト うしろゆび大百科 package3 ゆうゆ


posted by はなゆー at 11:26| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
神戸にはかのチェイニー副大統領の下で有名なベクテルさんの息が掛かってる病院とか出来てね、ソレを建てて潤ったトコとかありますよ。
その近くの姫路でこの間、盥回し中に亡くなった肝炎の重症初診患者さんが居ましたけどね…。

で!東電が日米改革要望書の後押しとか、警察が日米改革要望書の後押しとかすると、何かプレミアとか付く訳ですか?原発技術なんかに?
Posted by 田仁 at 2008年01月02日 16:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック