2008年01月24日

スペイン内戦に参戦した国際旅団司令官ミルトン・ウォルフ氏死去 

スペイン内戦(1936〜39年)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%86%85%E6%88%A6

に参加した米国人による部隊「リンカーン大隊=リンカーン旅団(Abraham Lincoln Brigade)」

http://en.wikipedia.org/wiki/Abraham_Lincoln_Brigade

の司令官だったミルトン・ウォルフ(Milton Wolff)氏

http://en.wikipedia.org/wiki/Milton_Wolff

が死去。92歳。

☆ミルトン・ウォルフ氏死去 スペイン内戦 米部隊、最後の司令官 92歳 (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080124-00000118-san-int

http://www.asyura2.com/08/wara0/msg/381.html

同大隊は、ヘミングウェーやマルローといった文豪がかかわったことで知られる外国人義勇兵による「国際旅団」の一部隊で、ウォルフ氏は計9人いた司令官の最後の生き残りだった。

(略)

冒険好きの性格で、過去を回想して「闘争は人生の万能薬であり、気付け薬。戦っていないのなら死んだも同然だ」と語っている。

(略)

ウォルフ氏は、スペイン内戦への参戦の動機については「スペインの民主主義のために戦うことが米国の民主主義を守ることにつながると思ったからだ」と述べている。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

なお、スペイン内戦には、北海道出身者も1人だけだが、参戦している。しかも国際旅団のリンカーン旅団(Abraham Lincoln Brigade)所属であった。

その「ジャック白井」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%BD%E4%BA%95

http://homepage3.nifty.com/borracho/jack%20shirai.html

なる人物は函館またはその付近の出身。ニューヨークで料理人をしていたが、反フランコ義勇兵を志願しスペインに渡った。国際旅団の一員として奮戦したが、マドリード郊外で戦死した。

posted by はなゆー at 19:35| | Comment(2) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじかれる。機嫌をそこねたか?
ジャック白井については「スペインに死す」という小説があります。作者は北海道のクリスチャン女流作家。忘れた。同名の小説が多いので間違われる。いや「スペインの墓標」だったか。
Posted by ya-ne at 2008年01月25日 06:37
>はじかれる。

シーサーブログにメカニカルトラブルはついて回るのでご了承ください(苦笑)。
Posted by はなゆー at 2008年01月25日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック