2008年01月25日

組織ぐるみの工作か?国交省職員がガソリン税維持署名を強制 

揮発油(ガソリン)税の暫定税率を維持するため、国土交通省の出先機関の職員が勤務時間中、管内の市町村職員に対し、署名活動への協力を求めるFAXやメール。

☆組織ぐるみの工作か…国交職員がガソリン税署名強制 「あくまで個人的行動」と主張 (ZAKZAK)

http://www.zakzak.co.jp/top/2008_01/t2008012501_all.html



文面を読む限り、一連の署名活動は全国規模で行われているうえ、商工会などとも連携した官民一体の行動と受け取れる。

★ガソリン高騰に苦しむ極寒地の民・北海道民の怨念と祟りを喚起しそうな行為ではある。



シジュウム茶 ティーパック32P
 
posted by はなゆー at 16:18| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック