2008年01月28日

駐車禁止に泣く訪問看護 容体急変でも規制から除外されず 

自宅で療養する末期がん患者などを支える訪問看護ステーションの車が、訪問先で駐車違反とされるケースが相次いでいる。

☆訪問看護、駐禁に泣く 容体急変でも規制除外されず (朝日新聞)

http://www.asahi.com/national/update/0127/TKY200801270125.html



県警は「(訪問看護は)契約した患者の所に行くもので、不特定の場所を対象としていない。もともと病気の人の所に駆けつけるのは緊急とも言えない」とし、除外対象に当たらないと説明する。

★千葉県警の「もともと病気の人の所に駆けつけるのは緊急とも言えない」という説明に納得する患者およびその家族はいるのだろうか?



日田天領水 ペットボトル 2L*10本
posted by はなゆー at 12:09| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック