2008年01月30日

ネットゲリラ「集団売春会社と橋下徹知事」

☆集団売春会社と橋の下センセ (ネットゲリラ)

http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/01/post_64e4.html

で、折口がいまだに捕まらないのは、豊富にオンナを抱えていて、それを偉い人に流していたという疑惑があるらしい。さすが人材派遣業w まぁ、世の中そんなもんだろう、などと思っていたら、「現時点では未確認情報だが、「幸輝」が人材派遣大手のG社と契約していたというウェブ上の書き込みもある」というんで、類は友を呼ぶというか、なんというか、そういうものなんだろう。

《関連記事》

☆重要 橋下徹知事がかばった「大阪の建設会社」の正体 (拙文)

http://www.asyura2.com/07/news6/msg/282.html

http://alcyone.seesaa.net/article/81273874.html

中国ウォチャーである和仁廉夫氏のブログ「龍眼の中華人類学事始」から。

橋下徹知事が、4年前に日中間で外交問題にもなった中国広東省珠海における集団買春事件について、「集団買春は、中国へのODAのようなもの」と庇った『大阪の建設会社』が、じつは埼玉県富士見市の認知症老姉妹の全資産を奪った悪徳訪販リフォーム業者の本家本元、株式会社幸輝。その「幸輝」の米盛昌敏オーナーが、じつは闇社会と関わりの深い人物であることについて、リポートしたもの。

「私は2003年9月の事件発生以来、珠海中級法院、さいたま地裁、京都地裁に取材、傍聴を続けてきました。マス・メディアが揃って尻込みした、とっておきの内幕情報でもあります。」



反転


posted by はなゆー at 06:46| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://www.kyudan.com/opinion/jtb.htm
不要の長物 財団法人-日本交通公社、JTBの株を公開しろ

2003年9月27日付の中国各紙は中国南部、広東省珠海市の国際会議センターホテルで同月17日、日本から来た団体旅行客の男性約380人が 付近のナイトクラブからホステス約500人を呼び集め、集団で買春行為をしたと批判した。 団体は16歳から37歳の男性で、 ホテル従業員によると、ホステスには1人当たり1200元(約1万7000円)程度が支払われていた。
この記事自体の事ではない。 この事件で不思議な事がある。 主催した旅行会社の名前がどこにも出てこない。 財団法人-日本交通公社-公益法人の分離会社JTBの名前がまるでない。 現地でこの女性達を調達したのはまぎれも無い、JTBだったのだ。


橋下徹が庇ったのはこの建設会社だけではなくJTBもでした。
Posted by ゴルゴ十三 at 2008年01月30日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック