2008年02月16日

橋下徹知事「府債発行原則ゼロにこだわるのは数十人の府民ぐらい」

橋下徹知事は、大衆が最優先で切望する「パンとサーカス」のうち、少なくてもサーカスは常時供給している。日本の民度や国民性にあわせた大衆迎合路線を採る、巧妙な人心収攬策である。

たとえ選挙での公約を撤回しても、大衆がそれを「よし」とすれば問題はないのである。

橋下徹知事こそ、日本の大衆が望むタイプの政治家であろう。

☆橋下日記 (15日)「そこにこだわるのは数十人の府民ぐらい」 (産経新聞)

http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080215/lcl0802152304011-n1.htm

http://www.webcitation.org/5VdN7iTOA

4時7分 情報番組「ムーブ!」に生出演するため、大阪市北区の朝日放送へ。

http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080215/lcl0802152304011-n2.htm

http://www.webcitation.org/5VdNJg30w

5時ごろ 番組のコメンテーターから「府債発行原則ゼロからの転換に納得できない」と指摘され、「そこにこだわっているのは府民の中でも数十人ぐらいで、あなたもその1人です。暫定予算を組んだことは府民に支持されている」と反論。さらに「なぜ私が大多数ではないと言えるのか」とコメンテーターに問われ、「私の政治感覚です」。

《関連記事》

☆橋下日記 (10日)府債発行「メディアが勝手に『ゼロ、ゼロ』と言っていただけ」 (2月10日の産経新聞)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/121887/

http://www.webcitation.org/5VdNaFBYa

6時33分 報道陣の取材に応じる。「府債発行原則ゼロ」を掲げながら、約160億の府債を発行することについて「朝令暮改と言うかどうかは、有権者のご判断。メディアが勝手に『ゼロ、ゼロ』と言っていただけで、僕は『原則ゼロ』と言っていた」。



【大阪限定】カルビーじゃがりこ ねぎ焼
posted by はなゆー at 05:52| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
都合が悪くなると、「私の政治感覚です」で、誤魔化すのは、止めてほしい。
根拠を明確に示して、政策を実行してほしい。
何でもかんでも、「私の政治感覚です」で誤魔化して良いのなら、大阪府の透明性は、悪化すると思う。
Posted by ちりぽてちん at 2008年02月19日 17:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック