2008年02月17日

ベルリン国際映画祭で若松孝二監督「連合赤軍」が2つの賞を受賞

世界三大映画祭の1つであるベルリン国際映画祭(Internationale Filmfestspiele Berlin)で、若松孝二監督

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E6%9D%BE%E5%AD%9D%E4%BA%8C

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」が、アジア映画の秀作をたたえるNETPAC賞と、国際芸術映画評論連盟賞を受賞した。

☆若松監督「連合赤軍」などが受賞 ベルリン映画祭で

http://www.asahi.com/culture/update/0216/TKY200802160214.html



「実録〜」は連合赤軍の成立や訓練中の「粛清」、警察との銃撃戦を生々しく再現した。



posted by はなゆー at 05:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック