2008年02月26日

〔動画〕日本共産党は“過剰教育者”から支持をとりつける戦術か

日本共産党は「オーバードクター(博士浪人)」や「大卒ブルーカラー」などの「受けた教育のわりに収入が低く、劣悪な労働条件にある者たち」(要するに「収入に結びつかない高等教育を受けた低所得者」「潜在的な不満分子」)を味方につける戦術を採るのではないかと推測される。

         ↓

http://jp.youtube.com/watch?v=xxSfTPgBAzw

2/2 「博士の就職難」解決へ 
共産党シンポ/若手研究者ら討論 

大学院博士課程を修了しても安定した研究職に就けない若者が急増 するなか、その解決の展望を考えようと2月2日、日本共産党学術 ・文化委員会主催の「若手研究者の就職難と劣悪な待遇の解決のための公開シンポジウム」が東京都新宿区の日本青年館で開かれました。


posted by はなゆー at 19:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック