2008年02月28日

パキスタンが米国寄りからロシア寄りに寝返る可能性?

パキスタンの情報機関長官(DGMI)にロシア、ベラルーシ、ウクライナなど旧東側諸国での在外公館勤務歴が長いMuhammad Asif少将が就任。これは予想外の人事。

これまでパキスタン軍の広報長官(DG ISPR)を務めていたAthar Abbas少将(アメリカべったりの人物との世評あり)は、この人事異動に関して、事前に何も知らされていなかったようである。

パキスタンは米国寄りの人物を閑職に飛ばして、ロシア寄りの人物を重用する気配があるので、要注目。

☆Maj Gen Asif to be new DGMI (パキスタン紙「The News」)

http://www.thenews.com.pk/top_story_detail.asp?Id=13206



Major General Muhammad Asif is to be appointed new Director General Military Intelligence (DGMI) of the Pakistan Army in place of Major General Mian Nadeem Ijaz Ahmed who served as DGMI for more than three years, sources said.



鮫肝油
posted by はなゆー at 08:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック