2008年02月28日

「内閣情報調査室には外国のスパイと通じている職員が複数いる」

杉嶋岑氏の証言「私が北朝鮮に拘留中、情報機関のトップの秘書は、私に、日本の公安はざるのようなものだ、内調もよく似ているけれども、少しガードがかたい程度である、日本全体は、防諜関係からいったら全く丸裸同然であると言われました。」

☆内調職員が衝撃告発「日本はスパイが支配中!」 (「サイゾー」3月号)

http://www.cyzo.com/2008/02/post_367.html

http://www.asyura2.com/08/bd52/msg/242.html

「今回の一件は氷山の一角で、実は彼のようなスパイは内調に複数います。なぜそれほどスパイが増えるかというと、内調の構造的な問題と、プロパー(生え抜き)の扱いがひどいからです」

A氏によると、内調には170名ほどの職員がいるが、そのうちプロバーは70名ほど。幹部の多くは、警察庁や公安調査庁から出向してきた職員によって埋められている。こうした偏重人事に対する、プロパーたちの不満の鬱積が、国家への裏切りにつながっているというのだ。

「他国の諜報員たちは、組織への忠誠心が揺るぎやすい、こうしたプロパーたちを、金や接待で籠絡しているんです。しかも、プロパーは一度飼いならせば、他省庁に戻ることもなく、継続的に情報を得られる。さらに、内調トップである内閣情報官が週1回、直接総理大臣にブリーフィングするなど、内調が内閣に上げる情報が政府の意思決定を左右することもあるわけです。極端な話、内調職員をコントロールすれば、政府を動かすこともできる。他国の諜報部員にとって、内調職員を籠絡することは勲章で、自国での出世につながるといわれています」

問題はこれだけではない。プロパーと出向組が入り組んだ構造を持つ内調では、現場がいい国際情報を押さえても、たとえば上層部にいる外務省出向職員がその情報を内閣情報官に上げずに外務省に渡し、同省の権力維持・拡大にのみ利用してしまうこともあるという。政府の外交力の弱さは、こんなところにも起因しているようだ。

《関連情報〜ジャーナリストの杉嶋岑(すぎしま・たかし)氏(日本経済新聞の元記者。北朝鮮で2年以上もスパイ容疑で拘束されていた)の証言「公安調査庁の情報が北朝鮮にことごとく筒抜け」》

会議録 第154回国会 安全保障委員会 第9号
(平成14年7月25日 木曜日)

http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/001515420020725009.htm?OpenDocument


154―衆―安全保障委員会―9号
平成14年07月25日

○杉嶋参考人 

(略)

私は、一九八六年の第一回の訪朝の後、同じ日本経済新聞社に勤めている同僚記者に、内閣情報調査室と公安調査庁関東公安調査局に連れていかれまして、その当局から日本の安全のために協力してほしいと懇請され、ささやかな愛国心から協力を約束しました。

内調で私を担当したのは、当時一課課長代理で防衛大学一期生の内山實人氏と調査官の小島勝成氏でした。一方、公安庁は、担当官が何人もかわりましたけれども、私が拘束される寸前の担当官は黒岩和英氏と小林又三氏でありました。正直申し上げて、私は、この人たちに協力することこそが、愛する祖国日本の平和と安全を守り、祖国への忠誠心を示すことだと考えて協力に励みましたが、結局彼らに裏切られた思いです。

といいますのも、この人たちは、特に公安庁に手渡した写真やビデオ、供述資料、これがことごとく北朝鮮情報当局に渡ってしまっていることが取り調べの初期の段階で露呈され、慄然としました。

これはもう機密が漏れているというより、敵国側に情報提供するシステムができ上がっているとしか言いようがありません。情報を保管している部屋に出入りできるすべての職員が疑わしいとさえ言うことができます。私は、第三者機関によって徹底した調査が行われるとともに、利敵行為を働いた者には厳罰に処する法律を早急に整備してほしいと思っております。

情報戦争激化の今日、収集と同時に情報の管理もまた重要さを増しております。日本国及び日本国民に対する忠誠心に満ちた、真の意味で国益とは何かのわかった質の高い職員で情報機関を再構築するべきではないかと考えております。私が北朝鮮に拘留中、情報機関のトップの秘書は、私に、日本の公安はざるのようなものだ、内調もよく似ているけれども、少しガードがかたい程度である、日本全体は、防諜関係からいったら全く丸裸同然であると言われました。何たる屈辱かと思いながら、私はじっとこらえて聞いておりました。



心理諜報戦
posted by はなゆー at 18:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

三浦容疑者唐突逮捕であっけらかんと出てきた共謀罪のキーワード。タイミングも臭すぎのマスゴミ祭りでイージス艦衝突撃沈から注目そらしで一石二鳥。(笑)
Excerpt:  今日のお勧め記事は、Saudadeな日々さんの「2008年02月28日 ロス疑惑再燃を喜んでるのって誰? 」そして、そのエントリーについた下記コメントも必読です。 この記事へのコメント 同感です。真..
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2008-02-28 19:07