2008年03月12日

謎の団体「日本ユニセフ協会」が児童ポルノ法キャンペーンを開始

☆「財団法人日本ユニセフ協会」(国連ユニセフとは別の天下り団体)が児童ポルノ法キャンペーンを開始した件 (カマヤンの虚業日記)

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20080312#1205276765

〔略〕正式名称は「アグネス・チャン」は「日本ユニセフ協会」の「日本ユニセフ協会大使」。「黒柳徹子」は「国際連合児童基金(略称:UNICEF 略称のカタカナ読み:ユニセフ)」の「ユニセフ親善大使」。なお「財団法人 日本ユニセフ協会」で正式名称で「日本国際連動児童基金協会」ではない

「財団法人日本ユニセフ協会」が「国連ユニセフ」とは別物だということは「日本ユニセフ協会」が最も周知されたくない事柄の一つであるようだ。で、両者が別物であるということを知る国会議員は利権を直接に持つ者を除くとほぼ皆無に近い。法律家でもほぼ皆無。

webだとこの件に妙に詳しい人が匿名で時々書いてくれているんだけど、「誰が見ても別組織です」というレベルまで情報整理してもらえんだろうか、と思う。自分なりに試してみたんだけど巧く情報の収集整理ができなかった。この件、松代守弘が妙に詳しかったんだけど、松代守弘はこの情報が爆弾級だという感覚を欠き、かつ情報発信能力に難があってこの凄い武器を巧く使えていない。

両者が別物であり、今回吼えているのはあくまで「財団法人日本ユニセフ」であり「国連ユニセフ」とは別である、という広報は議員に対し説得力もってしつっこく粘り強く行なう必要がある。それが国会内の常識化したとき、流れが劇的に変わる。国連ユニセフと喧嘩しようとする国会議員は皆無だが、一財団法人と喧嘩する議員ならたくさんいる。

あ、「財団法人日本ユニセフ協会」について、ウィキペディアにはよくまとまっているのを

http://d.hatena.ne.jp/walkingrunner/20080311/unicef 

経由で今更発見。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%BB%E3%83%95%E5%8D%94%E4%BC%9A#UNICEF.E3.81.A8.E3.81.AE.E9.96.A2.E4.BF.82

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

《関連記事》

☆日本ユニセフ協会の謎 (野良里蔵狸−norakura−)

http://tanukur.blog8.fc2.com/blog-entry-281.html

・ユニセフから直接委任を受けてできた団体ではない.

・25億円を使って品川に豪華ビルを建設.

・国連ユニセフ親善大使の黒柳徹子氏が困惑している.

(略)

まず、ユニセフと直接関係あるかだが、ユニセフの組織図

http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_org.html

を見ると、ユニセフ本部と直接関係ないのが分かる。組織図の線も点線だし。実線で繋がっているのは「ユニセフ駐日事務所」だ。日本ユニセフ協会ではない。日本ユニセフ協会は、世界37カ国にあるユニセフ国内委員会の一つに過ぎず、どうもフライチャンズのような立場らしい。

(略)

ようは、ユニセフとの協定の元、募金の25%以内は必要経費として自由に使っていい組織のようだ。

(略)

日本ユニセフ協会のあゆみ

http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_ayu.html

をみると、設立した1950年は純粋な任意団体だったのが、国力が回復し、募金活動を始めた辺りから政治家が絡むようになり、財団法人になったのがわかる。

(略)

案の定、役員がずらずら (´Д`)

http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_off.html

一応、「日本ユニセフ協会の役員にはいわゆる「天下り」はいるのですか」

http://www.unicef.or.jp/qa/qa_un_and_jcu.html

に対し、「当協会には天下りは一人もおりません。理事、評議員の中に官庁出身者がおりますが、民間出身で常勤の専務理事を除き、会長以下すべて無給のボランティアとして協力しています」と回答している。

しかし、専務理事の給与はもとより、人件費に幾らかかってるかは公開されていない。なお、無償の役員がいっぱいいるのは、みんな慈善事業の肩書きを欲しいだけなのか?と思ってしまう。偉い人なんてそんなものだろうし。

2004年度の収支報告

http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_dis02.html

を見ると、寄付金・募金が156億円、事業費を差し引いたグリーティングカード募金が9億円強。そこからユニセフ本部への送られたのが149億円(うち、活動資金136億円)なのがわかる。ピンハネ率は約10%。上限に比べれば低いが、金額にすると16億円とかなりでかい。

(略)

ざっと見て、私は日本ユニセフ協会に募金するなら、黒柳徹子氏の口座に募金しようと思う。善意の金額が100%相手に届くのが明確だからだ。

☆うちから見た「日本ユニセフ協会の謎」 (野良里蔵狸−norakura−)

http://tanukur.blog8.fc2.com/blog-entry-412.html

役員名簿

http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_off.html

を見ると、会長が澄田智氏(元日本銀行総裁)。銀行繋がりか?と、興味本位でググるとあまりいい話がない。Wiki

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BE%84%E7%94%B0%E6%99%BA

では「バブル生成時期における澄田の政治的責任(結果責任)は厳しく指弾されよう」と思いっきり叩かれてる。そんな人物が日本ユニセフ協会会長。暴言になりそうなのでこれ以上ツッコミませんが。

〔コメント欄より〕

http://www.nikaidou.com/clm1/0608/sinbun2-12.jpg
英○郎組長の別組織の全国青少年健全育成会の会報の 暑中見舞いリスト。日本ユニセフ協会の名がしっかりと!
2006/08/04(金) 05:27:19 通りすがり

通りすがりさん、コメントありがとうございます。
全国青少年健全育成会って、たしか暴力団の隠れ蓑と言われてるところでよねぇ。。
http://www.melma.com/backnumber_57117_1692552/
てことは、募金の一部が暴力団に…ってことでしょうか(゚Д゚;)?
2006/08/04(金) 14:12:45 tanukur

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

☆今日は辛口です (横浜日和)

http://www.asyura2.com/0601/senkyo18/msg/189.html

この募金お願いの手紙です。

この手紙は遠くアメリカから送られてきます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

☆私は決めました〜11月30日の記事の件で〜 (横浜日和)

http://www.asyura2.com/0601/senkyo18/msg/190.html

・私に送られてくる手紙はユニセフ本部からではなく(財)日本ユニセフ協会というところからだということ。

・ユニセフ本部と(財)日本ユニセフ協会の間には全く関係が無いわけではないが、(財)日本ユニセフ協会が日本におけるユニセフの駐日事務所そのものでは無い、ということです。

posted by はなゆー at 10:30| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
教育利権は凄い!から。
寄付も、自治会のは断れても、子供が学校から預けられて持って帰ったのは断り難い。
何事も、「カネ、カネ、キンコ!」だねぇ。
(関西に「カネカネキンコ団」と言う強盗団があり、外人だったり、外人に成り済ました日本人だったり。)
Posted by 田仁 at 2008年03月12日 20:21
カマヤン氏のブログにも書きましたが、澄田智氏は高齢を理由に2月29日をもって日本ユニセフ協会会長を退任、現在は副会長の東郷良尚氏が会長代行となっています。(このことはウィキペディアの関係記事に追加しました。)

東郷平八郎元帥の係累とされる東郷良尚氏は(社)青少年育成国民会議理事!(詳しい経歴はカマヤン・ブログの私のコメントを参照)彼こそが日本ユニセフ協会にける児童ポルノ追放キャンペーンの立役者だと考えた方が間違いがないでしょう。
Posted by ゴンベイ@オルタナティブ道具箱 at 2008年03月23日 16:47
ユニセフ国内委員会は経済先進国に設置されてmoney raiserマネーレイザーすなわち金集めがメインの事業です。次のニュースに出て来るようなユニセフの仕事を直接支援するようなこともやればよいのにと思います。

Daily NK - WHO, 中朝国境地域でAIDS予防教育を実施
http://www.dailynk.com/japanese/read.php?cataId=nk00600&num=2081
>WHOがエイズの発症が憂慮される中朝国境地域で、技術支援と予防教育を実施することに北朝鮮政府と合意したと明らかにした。
>今回の措置は北朝鮮が去年12月にWHO、UNAIDS、ユニセフなどの関係者と各国の外交官を招請して、平壌で‘世界エイズの日’シンポジウムを開催し、技術的支援を要請したことによるものだ。
Posted by ゴンベイ at 2008年04月02日 19:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック