2008年03月19日

チベットの活動家組織が反中国デモ参加者の殺害写真を公開

チベットの活動家組織、反中国デモ参加者の遺体写真を公開か。

中国四川(Sichuan)省アバ(Ngawa)県で行われた中国のチベット統治に抗議するデモに関し、米国とインドに拠点を置く学生組織「Students For A Free Tibet」は18日、このデモで中国治安部隊に殺害されたとみられるチベット人デモ参加者の遺体写真を公開した。

 これらの写真が本物だった場合は、14日から各地で続いていた抗議デモで死亡した参加者の遺体写真が、初めて公開されたことになる。

 ロンドン(London)に本部を置く人権団体「フリー・チベット・キャンペーン(Free Tibet Campaign)」も同じ写真を公開し、中国当局がデモ鎮圧のために、中国政府が使用を否定する、殺傷力の高い武器を使用した証拠だとしている。

 中国当局は、チベット自治区の中心都市ラサ(Lhasa)で起きた暴動で、「罪のない市民」13人がチベット人の暴徒によって殺害されたと発表。さらに、武力鎮圧については否定している。

 一方、インド北部ダラムサラ(Dharamshala)を拠点とする亡命チベット代表者議会は「数百人」が殺害されたと主張している。

 これらの写真は、「Students For A Free Tibet」のウェブサイト、

http://www.studentsforafreetibet.org/article.php?id=1337

で公開されている(注:残虐な写真が含まれています。ご覧になる場合はご了承の上、閲覧してください)。

posted by はなゆー at 07:31| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウイグルで500人拘束か 1000人が参加したデモ【香港31日共同】
http://www.47news.jp/CN/200803/CN2008033101000808.html
Posted by ゴンベイ at 2008年03月31日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック