2008年03月19日

日銀総裁空席でワシントンポスト紙が福田康夫首相を批判

建前としては世界第二の経済大国の中央銀行のトップが空席だと、世界経済に「シワ寄せ」がいくかもしれず、当然の反応ではある。

米国の最有力紙(しかも保守系)が「直近の国政選挙で勝利した民主党が飲めない総裁候補ばかり押し付ける」福田康夫首相を批判したことで、日本の永田町にも影響が出てきそうだ。

☆World's No. 2 Economy Has Vacancy at Top (米紙「washington post」。なお、無料登録をしなければ読めない可能性もあり)

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/03/18/AR2008031801008.html?hpid=sec-business

Prime Minister Yasuo Fukuda's first two choices to run the central bank have been rejected by the opposition Democratic Party of Japan, which has veto power over the nomination because it controls the upper house of parliament.

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/03/18/AR2008031801008_2.html?hpid=sec-business

When Fukuda became prime minister, public expectations were high that he would restore competence and finesse a way around the opposition's control of the upper house of parliament.

But he has not come close to finding a way around that roadblock.



ジェラルド・バトラー/オペラ座の怪人(通常版)
posted by はなゆー at 17:13| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック