2008年03月28日

米軍秘密報告「米軍は長期の戦争で疲弊し危機的状況にある」

イラク戦争の長期化により、アメリカ軍の疲弊が目立ち、このままではもしも世界の他の地域で何か危機が発生した際に、とても米軍は対応できないという進言が、最近実施された秘密会議において、米軍幹部からブッシュ大統領に対して報告されていた。

兵士を支えるべき家族たちの精神的疲労のほうも限界に近づいてきている。

またここ数日、イラク自体での治安も急速に悪化しており、開戦からの米兵死者は少なくとも4003名に達した。

ブッシュ大統領と米軍幹部の秘密会議では、タリバンの巻き返しによって急速に戦況が悪化しつつあるアフガニスタンについても、今後の対応をどうすべきかなどについて検討された模様。

☆Military Tells Bush of Troop Strains (AP通信)

http://news.yahoo.com/s/ap/20080327/ap_on_go_pr_wh/us_iraq

http://s03.megalodon.jp/2008-0328-1742-46/news.yahoo.com/s/ap/20080327/ap_on_go_pr_wh/us_iraq

Behind the Pentagon's closed doors, U.S. military leaders told President Bush they are worried about the Iraq war's mounting strain on troops and their families. But they indicated they'd go along with a brief halt in pulling out troops this summer.

The Joint Chiefs of Staff did say senior commanders in Iraq should make more frequent assessments of security conditions, an idea that appeared aimed at increasing pressure for more rapid troop reductions.

The chiefs' concern is that U.S. forces are being worn thin, compromising the Pentagon's ability to handle crises elsewhere in the world.

★秘密会議の内容があっさり漏れた理由はなんだろう?



 この商品は送料無料です。 おニャン子クラブ/おニャン子クラブin 月曜ドラマランド BOX(1)
posted by はなゆー at 17:51| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>秘密会議の内容があっさり漏れた理由はなんだろう?
先日イラク占領軍現地司令官が事実上解任されたのをお忘れですか。
パウエルは辞めてしまいましたが、米軍内部にはブッシュ−チェイニー−ラムズフェルド路線に反対する勢力が確実にいるということです。
Posted by ゴンベイ at 2008年03月28日 18:29
そういえば解任されたイラク占領軍現地司令官はスンニ派民兵に対して給料を支給することで懐柔しての治安向上に成果を挙げていましたが、マフディ軍などのシーア派民兵にはどう対応していたのでしょうか。
どうやらここら辺りに謎を解く鍵がありそうかと思いますが。
Posted by ゴンベイ at 2008年03月28日 18:55
「ざま見ろ!」的な思いはあるが、あの巨体が内から崩壊・爆縮する過程の恐ろしさは…、想像するだに対米追従の罪にムカつく。
Posted by 田仁 at 2008年03月28日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック