2008年03月31日

〔史料〕昨夏の参院選に出馬した樽井良和氏の演説内容

http://jp.youtube.com/watch?v=W9IOaHLyT88

今、本当に、このゲーム業界、或いはコンテンツ業界。かつて日本は、本当に 「ジャパン・アズ・ナンバーワン」、まさにナムコ(現バンダイナムコゲームス)・コナミ こう言った所からナンバーワンの物が出て参りましたが、現在どんどん、どんどんと 「有害図書」だ何だと規制に明け暮れている内に、アメリカの「God of War」を見てください、向こうの方がグラフィックでは上回って来た、こう言うことも起こっております。

こう言ったことに対しましても、日本がまた最高の地位を取り戻すために、クリエイターの育成、ゲーム産業の振興、そう言ったことも頑張って参ります。

今、レイティング問題と言うことも起こっております。本当に、いろんな規制を続けて行くことによって、クリエイターがゲームを、或いはいろんなイメージを造る、言論や表現の規制が起こっている。そんな中で、本当に面白いものが造れなくなってしまった。

創造力を爆発させるためにそう言った、全力でクリエイターが新しい創造的なものを造れる環境、こう言ったものを造りながら、この国の産業の代表格として、デジタルコンテンツを育成し、そして、この秋葉原を、日本を代表するようなエンターテインメントエリアの育成を図って行く、そう言ったことにも、国政の中で全力で取り組んで参ります。

樽井良和、ファミコン通信(※旧誌名)に、皆さん、買ってくださっている方はご存知だと思います。「たるい良和のエンターテインメント立国」、そう言ったコラムも連載しております。



posted by はなゆー at 10:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック