2008年04月04日

石原都知事「東京都独自でガソリン課税(法定外税)を検討する」

☆復元なければ法定外税も=ガソリン暫定税率失効で−石原都知事 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080404-00000126-jij-pol

http://www.asyura2.com/08/senkyo48/msg/977.html

東京都の石原慎太郎知事は4日の記者会見で、揮発油(ガソリン)税など道路特定財源の暫定税率が失効した問題に関連し、「都自らが財源確保のために、法定外税として課税することも考えないといけない」と述べ、暫定税率が速やかに復元しなかった場合に備え、法定外税創設の検討に乗り出す考えを明らかにした。


☆「独自課税も考える」 暫定税率で石原知事 (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080404-00000954-san-pol

http://www.asyura2.com/08/senkyo48/msg/979.html

「国会が暫定税率をいつまでも復元しないのであれば、都自らが税財源確保のために揮発油税などについてですね、法定外税として課税することも考えなきゃならんと思っています。これはおそらくですね、他県の知事も賛同すると思いますし、もし全国が足並みをそろえましたら結果的に地方への税源移譲になるし、地方分権の推進にもなると思います」

「まあ、都としても国の責任ある対応を全力で求めていきますが、かなわないならば、先ほど申しました通り、ガソリン税を軽油税と同じように引取税とみなして法定外税として課税することも考えなくてはと思っております」


★要するにこれは「ガソリン税」の地方税化の動きであろう。これなら国交省や財務省の存在を無視して、課税できる理屈になる。地方税であるので、国会も理論上はほぼ無視できる構図となるのではないか。

posted by はなゆー at 20:13| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

たんに石原銀行に投入したいだけです。

都痴爺談
Posted by にっち at 2008年04月06日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック