2008年04月05日

チベットの人々は国外に亡命した裕福な支配層の帰還を望まず

チベット、誰も言わない2,3のこと(伊Megachip)
http://www.asyura2.com/07/asia10/msg/711.html
投稿者 kamenoko 日時 2008 年 4 月 05 日

チベット、誰も言わない2,3のこと(伊Megachip)

08年4月3日 by Sabina Morandi


CIAの(僧侶への)支援から北京の嘘まで、プロパガンダが錯綜している。

象が戦う時、踏み潰されるのはいつも草、とアフリカの格言は言う。

ここでいう象とは、メディア・サーカスの扱いに長けた最重量級国家、中国と米国。

草(チベタン)の運命は定められているようにみえる。数え切れないほどの悲劇をみてきた我々は、より悪い事柄は誰も語らないことに気づいている。ただただ、雪崩打つ検証不可能な情報から選択するのみである。

ジャーナリスト、緋色の僧服に身を包んだ僧侶にシンパシーを感じる人々の中にCIAが50年来あの地域で演じた役割を思い出したがる人はそういない。チベット亡命政府リーダーたちの生き残りには重要でも、中国に占領された地域に残る人々にとっては逆効果であった役割を。 

CIAがチベットで大々的な工作を開始したのが56年(注:1956年)。数万人の犠牲とダライ・ラマおよび従者たちのインド・ネパールへの亡命をもたらし不成功に終わった59年の大蜂起に繋がった。この最初の頓挫で国務省はより穏健な考え方になったかといえば事実はその逆で、コロラド州リードヴィルにチベタンゲリラ訓練キャンプを設営し66年まで稼動させていた。CIAのチベタン・タスクフォースによる工作活動は74年まで続けられ、おそらく最後のプログラムとしてニクソンと北京のリーダーとの歴史的会談が用意されていた。これに言及した99年のワシントンポスト記事は、CIAの失敗はチベットの人々の過去の体制に対する恨みといった、明らかにアナリストの過小評価がもたらした状況によるものであったとしている。

チベットの人々はダライ・ラマとともに亡命した裕福な支配層の帰還を恐れていたという。「とりわけ、農業改革で得た土地を支配者に返還せねばならないことを恐れた農民たち」。つまりラサの神権政治の屋台骨だった信仰の篤い僧侶(原文ママ。おそらくは僧侶でなく、信仰の篤い農民)さえ、大地主のために土地を耕す仕事に戻りたくなかったということだ。

ケ小平が望んだ資本主義への道で、チベットの人々は中国とCIAの支配下で得た僅かな恩恵すら、不満を利用された最蜂起で失うことになる。87年の蜂起は前回のように豊富な資料に裏付けられるものではないとはいえ、断固としたものだった。その断固とした意思が中国によるより強固な弾圧という悪い事態を招き、それはチベットの自治が血の海で喘ぎ始める93年まで続く。CIAはアフガニスタン、後にコソボで使った戦略にのっとる工作活動を続ける。すなわち、プロパガンダの洪水と世界のあちこちから不法に集めた小火器の供給である。オリンピックの開幕、巨像に肘うちをくわせる好機、少数派の権利回復を求めるイスラム教徒が危ういバランス上にある今を利用しない手はない。

西側がこれらの重要な情報に言及しないなら、中国とて冗談を言わない。

たとえば、北京が149機動部隊を派兵し、ラサのコマンドー中枢を胡 錦濤主席に近い張慶黎党委書記に委ねたことに誰が言及しているか。 言うまでもなく、北京が主張するように犯罪分子がおこした単なる混乱なら警察を送ればすむことであり、最新兵器で武装した一団を派遣するような事態ではないだろう。 この決定は、中央政府が大規模蜂起、ワシントンの介入、あるいはその両方を懸念している旨をあらわすものだ。今回は急速な資本改革と近代化への道に対する不満が広範囲に
渡っていることに、おそらく北京は気づいているはずだ。 

誰も言及しない最後の点を書こう。ダライ・ラマすら困惑させた暴力的蜂起の主たる原因は、先住民の生活状況悪化によるものだ。とりわけ農民の蜂起は、国内各地で毎年数万と発生している。

保健衛生システムの普及といったものを犠牲にしての改革は、低賃金工場の林立、河川の汚染、耕作地の減少という悪影響をもたらした。チベットの場合は文化の抹消と宗教に首輪をかけることを狙いとした植民地化に対する不満が原因とされる。

これにコソヴォ効果、ワシントンと幾つかの欧州国家(イタリア含む)による無頓着な主権国家の領土一体性に対する違反行為を加えれば、北京をより厳格な態度に追い込むだろう。そしていつもながら、踏みつけにされるのは草たちなのだ。


(元記事)

http://www.megachip.info/modules.php?name=Sections&op=viewarticle&artid=6350

(ウェブ魚拓)

http://s02.megalodon.jp/2008-0405-0753-58/www.megachip.info/modules.php?name=Sections&op=viewarticle&artid=6350


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


《関連記事》

☆西蔵の歴史はこう主張する(1)苛酷な封建農奴制 (人民網日本語版)

http://j.peopledaily.com.cn/2008/04/01/jp20080401_86157.html

http://www.asyura2.com/07/asia10/msg/694.html

封建農奴制時代の西蔵では、人口の5%に満たない官僚・貴族・上層寺院が、ほぼ全ての土地・草原・山林と大部分の家畜を所有し、人口の95%以上を占める農奴や奴隷に対して非常に残酷な統治を行っていた。重い労役と厳しい税金のほか、目をつぶしたり手や足を切り落としたりする残酷な刑罰もあった。封建農奴制時代の西蔵において「人権」とはすなわち官僚・貴族・上層の僧侶の人権であり、農奴の持ち主は農奴の賃貸・譲渡・担保化・贈呈をする圧倒的な権力を握っていた。


《論客「とほほ」氏による分析》

http://list.jca.apc.org/public/aml/2008-April/018452.html

しかし、ダライ・ラマの発言には政治的なものが多く、政治活動と受け取られても仕方のないものがある。あるいは亡命チベット政府の大地主どもに利用されているのかもしれないが、であればなおさら慎重であって欲しいと願う。

(略)

こうしてみると、これは宗教対立でも民族対立でもない、中国政府と亡命チベット政府の利権争いである。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

《私見》

ダライ・ラマ個人は宗教家として高潔・高徳で良心的な人物であるとしても、チベット亡命政府の事実上の長としては、亡命政府を経済的に支えてきたかっての大地主などの旧・特権階級に俗っぽい配慮をせざるをえず(僧が檀家のために便宜を図る構図)、とにかく板ばさみの難しい状況であろう。これはかってのチベットが祭政一致で政教非分離の神権政治的な政体をとっていただけに、ダライ・ラマの「鶴の一声」でどうこうできるものではあるまい。


《論客「田仁」氏の少し前のコメント》

http://alcyone.seesaa.net/article/91079515.html

ダライ・ラマは、歴代暗殺されてるヒトも居るし、結局、日本帝国主義の国家神道カルトの例を出す迄も無く、宗教封建制とか、宗教身分制とか、宗教奴隷制とか、余りイイもんじゃないです。 シャングリラとか、桃源郷とか、普通あんまり、そんじょそこらにあるとか、割と結構危険な考えで、地上に現れるとしても、ソレは大概ホンの一瞬だけ!ってのが常識でしょ。

中国政府が悪いとか言っても、庶民としてはバランスを取らないと!命に関わると言っても、過言でない$暴落が後に控えてるんだから。 ドッチか一方に偏ったが最後、今みたいに偽造請負だの派遣制度だので、一気にやられちゃって反撃には時間が掛かるんだから。どうせ、米国のプロパガンタは、この国では異様に力が強いんだし。



《論客「ゴンベイ」氏の少し前のコメント》

http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10083014841.html

■ダライラマとCIA?

「マスコミに載らない海外記事」のコピペ記事でMichael Backmanの指摘していることは私も多少存じていますし、冷戦下では当然あったこととと思います。(Global Researchが掲載したBackmanの記事はオーストラリアの"The Age"(www.theage.com.au)紙掲載のがオリジナルで著作権違反のクレームによりGlobal Researchサイトから削除されています。)Backmanの記事の代わり?にGlobal Researchがまたまた転載したAsiaTimes記事"Tibet, the 'great game' and the CIA" By Richard M Bennett(
http://www.atimes.com/atimes/China/JC26Ad02.html
)も読みました。

これによれば、ダライ・ラマ14世とCIAの関係は1972年のニクソン訪中で基本的に切れたとあります。カーター政権下で米中国交樹立が実現した1979年以降、ダライ・ラマはチベットの独立ではなく自治権の拡大という中道のアプローチ(
http://www.tibethouse.jp/cta/middleway.html
)に転じており、Backmanの指摘にあるようにアメリカ国務省の難民計画局の資金援助のつながりはあるものの、諜報の専門家というBennettの記事でも、今回の事件が計画的に起こされたことにCIAが何らかの関与をしているのではないかと憶測しても、ダライ・ラマが今でもCIAの操作下にあるとの憶測はしていません。

今回の事件を主導しているのはダライ・ラマが一線を画している「チベット青年会議」など独立派組織によるものと推測され、独立派組織とCIAとの関係には憶測は成り立つとは思います。しかし、チベットでの運動がダライ・ラマの肖像を掲げ、その復帰を願っている形をとっていても、今回の運動とCIAの関係は五輪ボイコットにも反対しているダライ・ラマとは別してみる必要があると考えます。

posted by はなゆー at 08:38| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若い日本人男性の西蔵土産は、安っぽいプラスチックのドクロが根強い人気。
実は、西蔵の高僧が首から何重にも下げてる白っぽい数珠は、由緒正しいモノ程、人骨を丹念に細かな珠状加工したもの。
日本では、信長が見せしめに裏切り者の頭骸骨をスパッと切断して杯に加工し、金を被せて酒座で使わせたのとか、有名だけど。
お約束通り、西蔵の仏具にも頭骸骨の杯加工は「有り」で、ついでに、杓杖的に大腿骨とのコラボも「有り」。
中国旅行の穴場として、そんな由緒ある西蔵系仏具展示を寺院博物館に訪ねるのも一興かも。
気の弱い人には悪夢か知んないけど、事実は事実!宗教奴隷制度はこんな!ってマヤ・アステカも変わらない。
だから、一応「解放後」は新作は無い筈らしい。
Posted by 田仁 at 2008年04月06日 00:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック