2008年04月06日

〔ネット規制の付箋〕インターネット・ヘイブン「シーランド公国」

タックス・ヘイブンならぬインターネット・ヘイブン(ネットデーター・ヘイブン)が、イギリス東岸の沖合10キロに位置する砲台要塞(つまり人口島)の上にある。

幅9メートル、長さ23メートルほどのこの要塞は、第二次世界大戦中にイギリス軍が築いたもので、1968年のイギリス裁判所決定により、「シーランド公国」という君主国家として認められている。

すでにシーランド公国は、通貨及び切手を発行し、国旗を定めている。

新会社HavenCo社は、この「国家」の上で、各国政府のあらゆる規制や課税、法的措置から守られた、データの「避難所」を構築し、ビジネスにしている。

インターネットに対する規制が強まる中、個人の思想信条、プライバシー、表現の自由、自由な企業活動を守るために、あらゆる規制から逃れられる場所をインターネット上に作ろうという試みである。

HavenCo社サーバでの禁止事項はスパムメールの配布と児童ポルノの提供に限られている。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


《WIRED NEWSのアーカイブより》

☆「独立国」を使って「ネット・データ・ヘイブン」を提供(上)

http://wiredvision.jp/archives/200006/2000060601.html

5日(米国時間)にここで操業を開始する予定のヘイブンコー社の創立者たちは、このコンセプトは、各国政府がインターネットへの規制と課税にますます関心を示してきている中で、「安全な避難所」を求める個人や企業を引き付けるだろうと考えている。


☆「独立国」を使って「ネット・データ・ヘイブン」を提供(下)

http://wiredvision.jp/archives/200006/2000060703.html

「われわれは特に、児童ポルノや電子ジャンクメール業のような低俗なビジネスは避けている。合法的なビジネスを悪法から守る、というサービスには潜在的な需要が非常に多いだろうとわれわれは考えている。われわれが生き残り、成功するためには、これらの低俗なビジネスは必要ない」と、ヘースティングズCEOは語る。

同CEOの思い描く顧客層は、暗号規制や、『デジタル・ミレニアム著作権法』のような適用範囲の広い著作権法から逃れたい人々だ。


☆新データ・ヘイブンは成功するか

http://wiredvision.jp/archives/200006/2000060704.html

「ヘイブンコー社では、電子商取引ビジネスで大国と同等、もしくは大国よりも有利に競争できることを他の小国に示す手本として、シーランド・サイトを使うつもりだ」とヘースティングズCEOは語る。

「われわれは今後数年をかけて、他の協力的な国々の自由電子商取引地帯に、別のサイトをいくつか立ち上げる予定だ。これによって1ヵ所に依存するリスクをなくすことができ、顧客に安全のためのバックアップを提供することができる」とヘースティングズCEOは述べる。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


☆ウィキペディア「シーランド公国」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%85%AC%E5%9B%BD

また、インターネット上の「データヘイヴン」とする計画もあり、運営会社としてヘイブンコー(HavenCo)社が設立されている。


☆シーランド公国を訪問したムービーや写真いろいろ (GIGAZINE)→

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070115_sealand/


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



☆「シーランド公国」ホームページ(英文)⇒

http://www.sealandgov.org/


☆「ヘイブンコー社」ホームページ(英文)⇒

http://www.havenco.com/


posted by はなゆー at 20:07| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むう。
流石、はなゆーさん。
コレを知ってるだけで、最終的な保険かも。
グッジョブ!!!
Posted by 田仁 at 2008年04月06日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック